Top
<   2006年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
赤 - Plum
ようやくプラムの番。
e0008012_1513790.jpg

Chef, Interrupted」から、「Cinnamon Plum Tart」を作ってみました。

これは、ニューヨークの「Babbo Ristorante e Enoteca」のPastry Chef、Gina DePalmaのタルトだそう。フィリングにもクラストにもシナモン入り。
タルトにシナモンは初めて。プラムに熱を加えるのも初めて。期待も高まる高まる。

ちなみに、このレストランのオーナーシェフ、お鍋なども出していらっしゃいます。
ああ、あのオレンジ色のかわいらしいお鍋は、あなた様のでしたか・・・と急に親近感。第一、親しみを覚えるお顔をしていらっしゃいます。まるっとした感じがなんとも。

さて、タルト。期待に心をはずませ、とりかかります。
e0008012_151517.jpg

・・・のはずが、カットしたプラムに、ブラウンシュガーとレモン汁をからませたもの、これがまたおいしい。もうこのままタルトを焼くのを止めてしまおうかとも。これでよいではないか、と。

いえいえ、よくはありません。シナモン入りの生地が待っています。初志貫徹。
フィリングのバターが多すぎやしませんか?と、いろいろ不安ではあったけれど、とりあえずプラムを並べてオーブンの扉を閉めてしまえば、手は尽くした、あとは待つだけ。
e0008012_152111.jpg

しばらくして、オーブンからシナモンのよい匂い。もちろん、バターも香ってきます。
こうなると、少し元気も出てくるというもので、予告までしておいて、失敗でした~と済ませてしまうか、果たしてそれでよいのかできるのか、いろいろ駆け巡った思いも落ち着きます。
そんなものです。

e0008012_1521698.jpg

プラムを漬けた後のジュースがおいしかったので、少し煮詰めてシロップ状にしたものを、クレームフレッシュに混ぜて。まずは熱々を。
想像(というか、焼いている時の匂い)よりシナモンが強くなかったけれど、そのほんわかした香りが主張しすぎず、逆によかったです。そして何より不安だったバターは、クラストにしみ込んで、それが生地をさくさくっとさせる効果はあっても、特にくどいこともなく、よいバランス。

いつもどこかしら不安を抱えながらのお菓子作りですが、今回は特に。
だけど作ってみないと分からない、途中で心配になっても、それがちゃんとできたら嬉しい、思い込み以上のものを知るのも楽しい、これだからせっせと作ってしまうのだなと思った、そんな日でした。なので、まだまだせっせと作ります。
[PR]
by nonshi | 2006-04-27 17:34 | *sweets
赤 - Strawberry
次は、いちご。
e0008012_14583164.jpg


どうなったかというと。
[PR]
by nonshi | 2006-04-22 16:39 | *sweets
赤 - Blood Orange
予告のもの、ようやく。
e0008012_16131754.jpg

まずは、真っ赤なBlood Orangeからです。これは出回るのも短く(たぶん、もしかしたら気付いていないだけかも)、まさに焦るような気持ちで買い込むもののひとつ。買い込むのは得意です。それで、時々後の処理に困ることも得意です。

そのまま食してばかりだったのですが、ガラス・ビーズ細工、それからお料理まで、なんでもかんでもその手から生み出されているアトランタ在住のmiholantaさんが、スローな、なんともロマンでいっぱいの「オレンジの丸ごとコンフィ」を試されていました。私も飛びつきました。
元々は「バスクの砂糖壷」のマテスク里佐さんのレシピだそうで、やっぱりそちらにもロマンがありました。

ロマンとは、じっくりじっくり時間をかけて、気持ちもこめて、出来上がりに思いを馳せて。
オレンジの皮に穴を開けたところから、煮る・休ませるを繰り返し、じんわり砂糖をしみ込ませた後、シロップを煮詰めて出来上がり。その間、約1週間。
私は普段、こういうところと対極にいると思うのですが、やってみると意外に楽しい。

1週間後
e0008012_16141394.jpg

コンフィチュールとコンフィ。できあがりました。
途中経過のドキュメントは、どうぞおふたりのところでご覧ください。ロマンも一緒にどうぞ。

なぜに、オレンジ色のオレンジも?
[PR]
by nonshi | 2006-04-19 18:22 | *sweets
お嫁にきたそら豆ケーキ。
キレイなリボンに包まれて、私の元へやってきた春のケーキ。
e0008012_5414043.jpg

先日お会いしたKazukoさんからのいただきものです。
そう、この前の金曜日はKazukoさんと2度目のデート。

はい、デートです。
[PR]
by nonshi | 2006-04-17 07:28 | Special days
予告など。
e0008012_1445198.jpg

もう作って食べてしまったもの、仕込み中のもの、これから作る(予定の)もの。
ぼちぼち書いていきます。
[PR]
by nonshi | 2006-04-13 14:51 | Foods
と、少し白。
e0008012_1418442.jpg

まだ少し雲が出ているけれど、久しぶりに青空。
この日をどんなに待っていたことか。待ちくたびれた。

e0008012_14202097.jpg

青空の下で桜も愛でた。よかった、間に合った。
[PR]
by nonshi | 2006-04-11 15:31 | Bay Area
金曜日はCrixaの日。
個人的に金曜日は「Crixa」の日になりました。そう決めました。
e0008012_1561593.jpg

先日、こんな近くにおいしいケーキ屋さんがあることを不覚にも知らず、ショックさえも受けたので、それを取り戻すかのように。少しずつ、いずれは全部試してみようという魂胆です。
だいたい週の終わり頃にはこのお店の辺りをうろついているので、そのコースに寄り道1軒追加、ちょうどよくもあり、かつ幸せでもあります。

これは「Kifli」という、ハンガリーの三日月形のパイのようなパン。この日あったのは、プラムのジャム入り。家に帰って手に持つと、ずっしり重い。中のジャムが甘すぎ・多すぎだったらどうしようという不安が一瞬よぎりましたが、大丈夫。さくっとした薄い軽い生地なのに、食べ応えたっぷり。ジャムも甘すぎず、上に乗っている粉砂糖がとても甘く感じるくらい。
e0008012_1562649.jpg

1つでちょうどよくおなかも満足。こういうお菓子パンはめったにお目にかかれないので、気分までも満足。おいしかった。
他にポピーシード、アプリコット、そしてくるみのがあるようで、それも楽しみ。

もうひとつは、金曜日限定の「Saffron Currant Bun」。
e0008012_1563629.jpg

これが金曜日がCrixaの日になった、もうひとつの大きな理由です。
人気のようで、午後には売り切れてしまうこともあるというロシア風のパン。
持つと指の後が凹んでついてしまうくらい、ふわふわ。
そしてなんだか分からないけど、とてもよい香りがするのですが、割ってみるとさらに。
e0008012_156464.jpg

さらにぷわわんとよい香り。そこで初めて気がつく。これはパントーネに似ていますね。
色もそんな感じです。もう少しその香りの強さやくせを少なくしたような。
それで、肝心のサフラン。残念ながら、私には分かりませんでした。なんてこと。
開店直後だったので、まだパンのネームプレートも出ていなくて、これは先週見たあのパンに違いないと思ったのですが、こんなことならちゃんと確かめてくればよかった。
サフランが感じられず、もしかしたら別のパンかもしれないけれど、とてもよい香りのおいしいパンでした。だからよし。

さて、次は何を食べましょう。
[PR]
by nonshi | 2006-04-09 16:34 | Cafe & To go
幸せをいただく。
先日mikamuffinさんからいただいたお土産。
e0008012_15562413.jpg

お会いしたのが金曜日だったものだから、週末の朝ごはんになりました。
それも幸せ版。リボンをほどくことからして、幸せな。

まずは、
[PR]
by nonshi | 2006-04-06 17:03 | *meals
寒いけど、ますます春。
毎日雨なのです。でも雨だって、いいえ雨だからこそ、楽しくお出かけ。
e0008012_1392818.jpg

先週の金曜日、同じベイエリアにお住まいのmikamuffinさんと初めてお会いしました。
実はその前に、彼女の勤務するベーカリー「Arizmendi」へ伺うと宣言しておきながら、何を
思ってのんびりしていたのか大幅に遅刻。私が着いた頃には彼女の勤務時間もすでに終わっていて、結局会えずじまい。本当に私は何をしているのか。

その失礼のお詫びもかねて、今度こそはとランチをご一緒しました。
今度こそは時間通りに、、、のはずが、駐車スペースを探しているうちにもう約束の時間。
やっと車をとめて、ほとんど馴染みのない街をばたばたと走って、はじめまして。ぜぇぜぇ。
それなのにmikamuffinさん、素敵な笑顔で迎えてくれました。

待ち合わせの場所は、
[PR]
by nonshi | 2006-04-04 16:44 | Special days
春と一緒に。
My favorite style」のmiyukiさんから素敵なプレゼントが届きました。
e0008012_12293490.jpg

こちらは、miyukiさんのブログの「1周年記念プレゼント」。
どれをとっても素敵な雑貨やDIY、そして温かいお話がたくさんつまった1年間、その記念のプレゼント企画の抽選に当選したのでした。

箱の中から、まずやっぱり素敵なラッピングと「nonshi」のタグがお出迎え。いつもネットの向こうにいるmiyukiさんが、本当に私のために送ってくださったのだと実感。感激。
e0008012_1229441.jpg

さらに、はやる気持ちをなんとか押さえ、なんとか冷静に紐解くと、そこにはベイリーフ。
こんなこと、どうしたら思いつくのでしょう。プリンに入っている以上の衝撃。どこまでも想像以上の素敵さ。ひゃぁ。(ここまでで、すでに5回くらい、ひゃぁひゃぁ言ってます。小躍りすら)

さてさて、中には・・・。
e0008012_12295747.jpg

手作りのフエルトポットマット、コレクタブルのビン、紙テープ、アンティークの糸、マリン柄のボタン、針さし(これも手作り!)、きのこモチーフのオブジェ、カフェオレボウル、はりねずみ携帯ストラップ。
中に入っているものは事前に知ってはいましたが、こうも次から次へとかわいらしいものが現れると、もうひゃぁという声すらでません。本当にどんどん出てくる。まるで魔法の箱。

時間をかけて丁寧に選ばれた小物、気持ちのこもった手作りのもの、そして手作りカードに書いてくださった心温まるメッセージ、どれも本当に温かい、嬉しい気持ちになりました。
しかも手作りフエルトは手触りがすっかり気に入ってしまい、本来ポットマットなのに、いつも手元に置いてなんとなく触っている始末です。まるでライナスの毛布のようになりつつあります。針さしも、飾っておくだけではなんなので、お裁縫だって始めてしまうかも。
e0008012_1230854.jpg

miyukiさん、本当に嬉しいプレゼントをどうもありがとうございました。これから、大事に大事に使わせていただきますね。

この辺りではまだまだ雨が降ったり寒い日が続いていますが、桜の花も咲き始めて、いよいよ春かなとさすがに思えるようになってきました。そこへ、ブログを通じてこんな素敵な出会いがあって、本当に心躍る楽しさです。春だらけ。
出会いといえば、先日もうひとつ素晴らしい出会いがありました。ますます春。
そして、そのお話はまた次回。
[PR]
by nonshi | 2006-04-02 14:01 | Special days



CaliforniaのBay Area のんしの日記
by nonshi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30