Top
<   2005年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧
キャラメルクッキー。
念願のかりかりキャラメルクッキー。
e0008012_12244852.jpg

『vivid memories』のゆっこさんのご好意で。

ゆっこさんがこのクッキーを美味しいらしい、食べてみたい、カリカリ・・・キャラメル・・・なんておっしゃっているのを見て、私だって食べてみたい♡と思っていたのですが、ついにレシピを手に入れてこんな可愛らしいものを作ってしまったものだから、思わず『かじってみたい・・・』などとつぶやいた私にレシピを教えてくださったのです。

e0008012_13294828.jpgこれはなんといっても、キャラメルから作らないとなりません。

以前にキャラメルを作った時、小さめのフライパン($3)で作ってみたら、熱に負けてコーティングが剥がれた経験があって、だからといって大きいお鍋じゃ均等にならなくて、それ以来キャラメルは作ってはいけないことにしていたのですが、今回は先日(すごいもったい振りようでした・・・)手に入れたお鍋で心置きなく焦がします。



キャラメルがあっという間にキレイに出来たのにも感動しましたが、このクッキーの焼いている時の匂いなんて、それはもう、どんな言葉でも足りないくらいです。
そして、バターを練らずに作るのでさくさくとした食感。
まさに、かりかり、さくさく。しかも、香ばしくて甘苦い。すばらしい。


TBさせていただこうと再びのぞいてみたら、なんだかすごいことになっています。
キャラメルクッキー祭り。
あちらこちらでこのクッキーが作られていて、きっとみなさん同じように幸せな気持ちで食べていることでしょう。本当に美味しかった。ご好意、ありがとうございました。



そして、祭りの様子はこちらでどうぞ。

*キャラメルクッキー  『vivid memories』  ゆっこさん
*Caramel Cookies♪『あめりか東海岸で奮闘中---Easy Space---』easyspacerさん
*キャラメルクッキー  『気ままに焼き菓子・・・練習中』  sweet_0222さん
*キャラメルクッキー  『My Sonny In California』  Karynさん
*キャラメルクッキー  『OREO's DIARY』  オレオさん
*キャラメルクッキー  『Hillside Kitchen』  mikaさん


どうです。すごいでしょ。
食べたばかりだというのに、それでも見ているとまた食べたくなります。

残りのキャラメル・・・。
[PR]
by nonshi | 2005-08-30 15:46 | *sweets
りんごなもの。
うふふ・・・。
e0008012_13124066.jpg
                               買っちゃった。Apple Casserole。


思えばこれを手に入れるまで、長い道のりでした。絶対必要ではないけど、あれば嬉しいちょっと贅沢なものを買う時は、我が家ではプレゼンテーション制をとります。
本やネットを駆使して資料を揃え、それを買うことによる恩恵を熱く語るのです。

私がPCやカメラのことが分からないように、キッチンものに理解がないものだから、今までにハンバーグやカレーをだしにして、フードプロセッサーやDutch Ovenを獲得してきたのですが、今回のこの小さめのお鍋、そんな風になかなか気を惹くよいものが浮かびません。

私にはお気に入りのものを仕舞い込むくせがあるので、「毎日じゃかじゃか使える」だとか、「一生もの」だとかの決め台詞の他に、今回「孫の代まで使える」と訳の分からないことまで苦し紛れに言い出す始末。
e0008012_13125914.jpg

こんな啓蒙活動も。

夫のモニターに熱意を貼る。
最初はこれが欲しかった。








小さなものだし、Factory storeもあるので、外食を1、2回したつもりで勝手に内緒でぽちっとできないこともないのですが、悪しき前例を作っていきなりPCなど買われても困るので、ここ数日カレー作りと啓蒙活動に励んできました。

そして、そんなことを続けているのもバカバカしくなってきて、もう止めようかと思っていた頃、なぜかあっさりGOサインが。


Voilà!
e0008012_13132379.jpg

これで、あるものを作ろうと企んでいます。
[PR]
by nonshi | 2005-08-29 13:45 | *other
染まるもの。
どっしり居座っていた霧も、ようやく晴れて
e0008012_16114871.jpg
8月も終わろうという頃、青空が戻ってきました。
これこれ。去年は毎日こんな調子だったのにな。
気温も少し上がり、気持ちも軽く半袖をさらっと着て散歩にでかけました。



だけど・・・。
e0008012_1612167.jpg
なんだかすでに秋の気配。
e0008012_16121344.jpg
まだ小さなイチョウの木も、小さいなりにちゃんと黄色になっています。
イチョウは落ち葉の片付けが大変よーと言う人もいますが、私は大好きな木のひとつ。
将来家を持つことがあれば、イチョウを植えようとかたく心に決めているのです。

そして、この細い枝に咲く紫の花も落ち始めていました。
e0008012_16303265.jpg
絵の具のような紫がはっとするほどキレイなこの花、いまだに名前は知らないのですが、初めてベイエリアに足を踏み入れた時、宿に向かう車の窓越しに見えました。
それは秋も深まった頃で、空はどんより曇っていて木の葉も落ちて、青い空と緑豊かなはずの街は無彩色で、さらに雨に霞んでいました。
そんな不安な気持ちに拍車をかけるような景色の中、この紫の花だけが唯一色のあるものとして、ばーんと目に飛び込んできて、始めて見るそれはとても印象的でした。
今でもこの花を見ると、始めてここへやって来たその日のことを思い出します。

少しずつ秋はやって来ます。
だけどその前に、もう少し夏の日が続きますように。
[PR]
by nonshi | 2005-08-28 16:59 | Bay Area
小さいもの。
訳あって、最近カレーばかり作っています。
e0008012_5444520.jpg

いくら違うカレーを作っても写真では同じに見えるので、困ってお米を出しました。
それにカレーを写真に撮るのはいつも難しいし、そもそも見た目もあれなので楽しくないし。

インド風のカレーの時は絶対バスマチなんですが、先日、『kalijira Rice』という小さな小さなものを見つけました。そして、『Baby Basmati』とう文字を見て、反射的に手がのびました。
上からコシヒカリ品種のカリフォルニア米、普通のバスマチ、そしてkalijira Rice。
お米というよりクスクスのようにも見えます。
はるかベンガル地方から来たそうです。丸くて小さくて、かわいい。
e0008012_545311.jpg

色や匂いがもち米に近いなと思っていたら、炊いた時に確信しました。
これは、小さなもち米です。
粘り気もあるのですが、でもカレーとも合う不思議なお米。
いつも納豆やお味噌汁に合う日本米を食べているように、バングラデシュではカレーに合うからと、このお米を作っているのでしょう。


e0008012_5451668.jpgパッケージもよい感じです。

世界のあちこちで改良を重ねて、手間隙かけて作られたものが、それぞれの地方の料理に合わせて食べられているんだなと、写真を撮りながら思いを馳せる。
アップでずっとファインダーを覗いていれば、情も移ります。

もうすぐ新米。なんの種類でもお米は美味しい。
[PR]
by nonshi | 2005-08-27 05:53 | *other
黄色いもの。
ほぼ朝一番に買い物に行った時、ゴールデンラズベリーを見つけました。
e0008012_1635822.jpg

グースベリーもたくさんあって、いつもあまり見かけないのは行く時間のせいだったようです。
値段もまだまだ最安。何にしようという考えもなく、まずは買って帰りました。

コーヒーを淹れて、ヨーグルトに3粒ほどこのラズベリーを入れて、モーニングバンという甘い甘いデニッシュのようなパンを朝食に。幸せ。
それだけでは済まなくて、ベリーにひとつ、またひとつと手を出しているうちに、あっという間に半分くらいになってしまいました。そして、ふと考える。タルトを作ろう。

買い物に行ったばかりなので、牛乳も卵もフレッシュです(しかし、どちらも賞味期限が異常に長いのはなぜなんだろう)。大きいタルト型で作るには、ベリーがとっくに足りなくなっているので、持っていながら初めて(また!)使うミニタルト型で。

タルト生地は加藤千恵さんのフードプロセッサーで作るレシピを使いました。
私はCuisinartの回し者でもなんでもないですが、これが来てからというもの、タルト作りが本当に簡単になりました。がーっとするだけ。
そして魔法の粉、『SoftaSilk』。さくさく感が全然違って、これもタルトの大きな味方です。

さて、タルト台を焼いて、カスタードクリームをのせて、ベリーをのせ始めたところで、足りない分をどうしようか、また考える。冷蔵庫の中をごそごそと家にある果物を物色しましたが、マンゴー・パパイヤ・バナナ・・・、なぜか黄色いものしかありませんでした。ミントの葉だとか気の利いたものもあるはずがありません。写真に撮ったら(もう考えている)黄色だなと思いながらも、仕方がないのでマンゴーで。黄色だらけのタルトです。

でもこのゴールデンラズベリー、味はおんなじ。
赤も黄色も目をつぶって食べるとわかりません。
[PR]
by nonshi | 2005-08-25 13:55 | *sweets
Maru Mania。
これ、なんというのでしょう。
e0008012_13585535.jpg

ずいぶん前から持っていたのですが、先日初めて使って、楽しくてちょっと好きになりました。

そんな時、あるスーパーのチラシに何種類ものメロンが丸く、ころころ載っているのを見つけてメロンというよりは、丸いそれに目が釘付けになりました。かわいい。
そんなにたくさんの種類があったことも知りませんでしたが、そこに載っているメロンは7種類あり、買いに来てねとついたタイトルは、『Melon Mania』。
さっそくつられて、くるっとしたくてメロンを買いました(でも、違うお店で)。

e0008012_1431769.jpgCantaloupe。

ネットや色の見た目に一番親しみがあるので、今までずっとこのメロンを買っていました。夕張や三笠メロンと比べると(比べるのも失礼ですが)、それらをうーんと薄めた味です。
その分値段もうーんと安いです。
甘いことは甘いのですが、まろやかさは無く、しゃきっとしていて、私の中ではどちらかというと野菜のカテゴリーに入っています。






e0008012_1464116.jpgHoneydew。

これもよく見かけるメロンです。定番です。
選んだものが悪かったようで、まだ硬くて色も白っぽい。
見た目通り、プリンスメロンに近い味です。
でも、これは完全に野菜。
それでも、高級メロンなのでしょうか。g単価が、買った中では一番高かった(なんと4倍)。高いといっても、あくまで他のメロンと比べるとということです。一玉$3.45。





e0008012_15314452.jpgCanary Melon。

いろんな色があったらいいなと、あまり期待せずに選んだのですが、これが一番美味しかった。
なんといっても砂糖を加えたかのように甘い。びっくりしました。感動すらしました。
この黄色くて瓜みたいな姿からはとても想像できないほど、本当に甘いのです。
そして、くるっとしている間に出てきた果汁をコップに移すほど、ジューシーです。
もちろん、それは飲みました。コップ1杯分。

このメロンだけは、野菜のカテゴリーからはずそうと思います。


週末に比べて体調はよくなったものの、まだ少しのどが痛いので、午後は家でくるっと丸くする作業に精をだしました。
私はせっかちな性格なもので、きれいに仕上がる道具を使うより、包丁でちゃちゃっと済ませてしまう方が好みなのですが、こればっかりは楽しみながらやりました。あ、でもHoneydewは硬くてあまり楽しくなかった。

勢いは止まらなくて、3玉をみんなくり抜いて半分を冷凍に、そしてもう半分はフルーツサラダ(フルーツポンチ?)になりました。
e0008012_155532.jpg

このレシピを参考にしたのですが、anisetteなどないので代わりにキルシュを入れて、アニスを直接放りこみました。いつもアメリカのレシピの場合、砂糖は半量を入れることにしているのですが、今回はCanary Melonの甘さがあるので、さらにその半分。
作った直後はちぐはぐな味でしたが、夕食後に食べるとキルシュのくせも消えて、まとまった味になっていました。それにしても甘かった。Canary Melon、すごい。

今回再確認しましたが、なぜこう丸くてころっとしたものに心惹かれてしまうのでしょう。
くり抜いている間も楽しめるので、このくるっとするのはまだまだ続きそうです。
[PR]
by nonshi | 2005-08-23 15:37 | *other
寝不足の終わり。
週末になり昼寝でもなんでもして、たっぷり寝ようとしていたところ、朝、頭痛とともに目が覚めまして、体中がだるい。どうやら風邪をもらってきたようです。この頃ずっと寒かったし、特に冷え込む夜中、ずっと起きていたりしたからだと思います。
e0008012_6175725.jpg

出かける予定も、したかったこともすべて中止して、薬を飲んでちょっとふて寝。
でも、たまには風邪もひいてみるもので、よいこともあるのです。
Grégoireのサンドイッチを日中、職場に行った夫が買ってきてくれました。
食欲は全然なかったのですが、見たとたん、うれしくて思わず具合が悪いのも忘れてカメラを取り出す始末です。
e0008012_618799.jpg
これは、8月のメニューから、
『Grilled flank steak with mushroom duxelle & aged gouda on ciabatta』 と
『Smoked salmon & pickled confit shallots on puff pastry』 です。
そして、付け合せはレンティル。
不気味に見えたマッシュルームのペーストが、意外に美味しかったです。
スモークサーモンも、いつものことながら美味しい。どこから仕入れているのか知りたいです。

フレンチフライも忘れずに。今回はオリーブ入りのマヨネーズでした。これも美味しい。

e0008012_655388.jpg美味しい、美味しいと他に書きようがないのかと思いますが、ここのサンドイッチは本当に美味しいとしかいえないくらい美味しいのです。お持ち帰りだったため、少し冷めていましたが、そんな贅沢は言えません。どうもありがとう。

風邪をひいた妻にランチを買ってくる優しい夫とブログに書いていい?ねえ、いい?と写真を撮りながらはしゃいでいると、その気持ちは本人に言えばよいと。
六角形の箱とそれを写真に撮ることに心奪われて、「ありがとう」も「おかえり」すらも言っていませんでしたね。しかも、食べる邪魔をしているし。もっと言えば、具合が悪いはずなのに。どうもすみません。


e0008012_6542640.jpgこれは、私が朝、あんまりにも弱っていたのでおまけ。

結局、はしゃいだわりには食欲はあまりなくて、寒気もするのでベッドに戻り、こんこんと眠りました。夜になって一度起きてから、日曜の朝までまた眠り、寝不足が一気に解消されたのでした。本当に、あんなに寝つけずにいたのが嘘のように眠りました。


夜、なかなか寝つけず寝不足で判断力もままならないまま、ぐちぐち書いた私にお気遣いのコメントやメールをくれたみなさま、ありがとうございました。今日はもう、何もかも大丈夫です。
[PR]
by nonshi | 2005-08-22 08:17 | Cafe & To go
寝不足とひよこ豆と高校野球。
相変わらず睡眠不足で眠いのですが、体が疲れることをすれば夜ぐっすり眠れるのではないかと思い当たって、何をしたかと思えば、パンをこねました。
e0008012_11305853.jpg
また『あの先生のパンとお菓子』を引っ張り出して、長尾智子さんのミニピタです。

この方のレシピは、シンプルで体によさそうなものばかりで大好きなのですが、何度作って失敗したかわかりません。本当にパンは難しい。パン作りに関して、何か決定的に見逃している秘密があるのではないかと思ってしまいます(あったりして)。
でも、このピタは薄いので硬くならずにできました。そもそも、こういうものから始めるべきなのです。
e0008012_11352018.jpg
そして、本にはトッピングとして、スモークサーモンやローストチキンなどがずらっと並んでいまして、特にたらこ&アボカドなどは、とてもたらこが食べたくなって困りましたが、ピタといえばHummusかなと思い、いつもは買ってくるのですが初めて作りました。
だけど、作ったと言ってはいけないほど簡単で、缶詰のひよこ豆・練りゴマ・にんにく・オリーブオイルなどをフードプロセッサーでがーっとするだけです。1分でできました。あまりにも簡単すぎて、なんだか拍子抜けしました。

e0008012_935373.jpg
本当は、Tahiniという練りゴマペーストを使うのだそうですが、どこに売っているものか見 つからないで、中国系のスーパーで調達したこれで。
いいのいいの、おんなじおんなじ・・・(かな)。

練りゴマのせいかどうかわかりませんが、ちょっとゴマの香りが強すぎた気もしましたが、それは入れる量を調整すればよくて、
こんなに簡単ならもう買う必要はないです。
なんだ。
あと刻んだオリーブや唐辛子を入れてもよいかもしれません。手作りHummusライフが始まります。ちょっとうれしい。



今日はパンをこねた。キッチンも磨いた。Costcoへ行って重いカートを押して、店内をぐるぐる歩き回った。これで眠れなければ、次は何をしよう。

さて、高校野球も盛り上がっているようですが。
[PR]
by nonshi | 2005-08-20 11:51 | *meals
南の島の、カレー。
おとといの日中、つい15分ほどうたた寝をしてしまいました。
そうしたら、その夜眠れないのです。布団の中で全然眠くなる気配がないので、諦めて起きてみたりもしたのですが、そうなると今度は眠くなる。起きてもいられないし、眠ることもできない。結局朝方2時間ほど寝ましたが、その日一日、とても起きているとはいえない朦朧とした状態で過ごしました。
e0008012_14364149.jpg
そして、夜はカレーだったのですが、作って食べて後片付けをして、そのまま寝ました。昨日食べたものなのですが、なんだか遠い昔のようです。
カレーはタヒチ出身のフランス人の知人から教えてもらったものです。たぶんタヒチアンカレーと呼んでいいのだと思います。チキンと玉ねぎのカレーにバターで焼いたちびバナナ(モンキーバナナ?)とココナッツミルクが入ります。
このバナナ、普段食べているものより黄色くて実がしまっていて、これだけで十分デザートになるくらい甘い。
甘くて香ばしい匂いに、例によって、つまみ食いの誘惑に勝てるわけがありません。3本ほどおやつになりました。
e0008012_7365333.jpg
このカレーは、最初彼女の家にお呼ばれした時にいただいたのですが、家に着いた時まだ料理中で、フライパンのバナナからはこんがり焼けたいい匂い。それをいきなりカレーのお鍋の中に入れた時にはちょっ、ちょっと待ってと驚いたのですが、食べてみると違和感はありません。
具がとても貧相ですが、とてもとても眠かったもので。
本当はこれにグリーンオニオンを散らしていましたが、なんとなく香草を入れました。とてもとても眠かったので深い理由はありません。
e0008012_737567.jpg

それと、もうひとつタヒチから。
『Poirson Cree』という名前だそうです。
マグロのお刺身をトマトなどと一緒に、これもまたココナッツミルクで和えたものです。
作ってもらったものを食べた時は、うまい!とうなったほどでした。
だけど自分で作ってみると、思ったほどの感動はなかったです。
にんじん・かぶ・生姜をすりおろして入れるのですが、面倒だったのでフードプロセッサーにかけたら、じゃりっと歯ざわりが残ったり。
だって、ねむかっ・・・。
やはり手間を惜しむとだめです。

カレーはむしろココナッツミルクつながりで作ったもので、本当はマグロこそがメインだったのですが、全く人気がありませんでした。すべてを眠さのせいにもできないほどだめでした。
しかもちゃんとレシピを書いてもらっていたのに。
丁寧に作らないと美味しいものはできないということを、眠さの中でまた学びました。
少し残しておいたマグロを、普通にわさび醤油でも食べました。当たり前ですが、醤油の勝ちです。

実は、昨日早く寝たにもかかわらず、結局4時過ぎまで眠れませんでした。
完全に体内時計が狂っているようです。日中眠いからといってうたた寝をすると、また悪循環に陥るので今日もがんばって起きていますが、今も眠くてぼーっとしています。
夜ベッドに入って、1、2、3、zzz・・・と、ころっと眠ってみたいものです。
[PR]
by nonshi | 2005-08-18 10:05 | *meals
真珠なたまねぎ。
家に山ほどたまねぎがあるというのに、このサイズにどう抗えるというのでしょう。
e0008012_11485612.jpg

2センチにも満たない、たまねぎです。
このまま飾っておきたいぐらいでしたが、そうもいかないので、ごそごそレシピを探して作った 『Pearl Onions Glazed with Honey and Vinegar』。
その名前の通り、はちみつとビネガーで照りを出したものです。フライパンで15分くらいで出来ました。簡単でうれしい。

e0008012_1155169.jpg

たまねぎだけでも十分甘いのに、はちみつが結構入っているのでとてもとても甘いです。
サイドディッシュというよりは、おやつのようになりました。しかも一口サイズなので、ついつい手が伸びる。夕食までどれだけ残っているかわかりませんが、濃い味なのでお肉と合わせてみようと思います。あ、ワインにも合うかもしれない。
[PR]
by nonshi | 2005-08-16 15:20 | *meals



CaliforniaのBay Area のんしの日記
by nonshi