Top
カテゴリ:Bay Area( 29 )
香るもの。
e0008012_13105436.jpg


数日前から、ぱらぱらと雨が降るようになりました。
そして、夏の間、からからに乾いていた空気も澄んできました。

今日も夜の間に雨が降り、このユーカリの香りを吸い込みたくて、少しだけ寄り道です。
隣には建物が、少し先にはコーヒーショップがあることさえ忘れそうな、そんな場所。



お手軽森林浴 @ UC Berkeley west gate
[PR]
by nonshi | 2005-10-30 12:32 | Bay Area
Fleet Week!
やっぱり行ってしまいました。
e0008012_15291873.jpg

前回の駐車場を探してうろうろしている間に、航空ショーが終わってしまったという教訓を元に、今回はサウサリートという海辺の街へ繰り出しました。ここは、サンフランシスコからゴールデンゲートブリッジを渡った、観光客で賑わうところでありながら、でも静かでひっそりともしている趣きあるきれいな街。海岸線の道路からはサンフランシスコ湾が一望できるのです。

e0008012_1514524.jpgでもやっぱり思った以上に、ここでも
すごい人出。
駐車スペースを探さなきゃならない、でもごおーんと聞こえると車の窓から顔を出して、戦闘機はどこかと探さなきゃいけない。もう気が急いで。

それでもようやく見つけたスペースに車を止め、それから坂道を転がるように走り海へ向かい、人でいっぱいの桟橋からなんとかショーを見ることができました。
ほんの20分くらいのことだったけれど、何より見ている人たちとの一体感が楽しかった。
みんな大げさに喜びすぎなんです。


それにしても、のんびりした雰囲気と潮の匂いの中で、きれいな隊列を組んでものすごい速さで飛び去る戦闘機を見るのは不思議な気分でした。
アルカトラズ島の上を飛んでいるのなんて、まるで『ザ・ロック』。現実離れもいいとこです。

e0008012_15221956.jpg
特等席。

ここは左折の時の対向車待ちのための分離帯。
本当は、決してこんな風に車を止めてはいけません。





そしてショーも終わり、さらなる特等席からのご帰還。
e0008012_1529368.jpg
右端にうっすら見えるのが、アルカトラズ島です。


イベントの趣旨はともかく、和やかな楽しい休日でした。




*追記
 同じベイエリアから、Fleet Weekを見るための長旅(?)の様子をレポートされている
 hesse60さんの『Berkeley diary』にTBしました。
 

サウサリートの街。
[PR]
by nonshi | 2005-10-10 16:38 | Bay Area
落ちるもの。
e0008012_1442144.jpg


もう10月なんですね。
北カリフォルニアにも少しずつ秋の気配がやってきています。

みなさま、どうぞ体調などくずされませんように。




Fall @ Emeryville Marina

*追記
[PR]
by nonshi | 2005-10-02 15:07 | Bay Area
Solano、そぞろ歩き。
一年に一度のお楽しみ、『Solano Stroll』へ行ってきました。
e0008012_12344795.jpg

BerkeleyからAlbanyにかかるSolano Avenueで、約2kmにわたって繰り広げられる地元のお祭りです。もともと人の集まるこういったイベントは大好きなのですが、それに加え、ここは美味しいレストランが軒を連ねる通りであり、それぞれが出店を出しているといったら興奮するなと言う方が無理な話なのです。

e0008012_13442693.jpg
通りの真ん中あたりから、西の方を望む。煙はもちろんバーベキュー。

e0008012_13443680.jpg
これは東の端。OAKSという映画館がSolanoの象徴のような気がします。


Entertainmentも充実しています。100mおきに大音響でやっているものだから、耳をふさいで泣いている小さな子供もいたくらい。
e0008012_1355881.jpg
ブルースを歌うかっこいいおじちゃん。きっと素人じゃないよなあ。ここでは長いこと立ち止まって、一緒にゆらゆら揺れながら聞き惚れました。

e0008012_13551980.jpg
そして去年も一昨年も大いに楽しんだ、太鼓。
ちゃんと日本語で「いちっ、にっ、さんっ!」と合いの手が入ります。これもかなりのものです。
Emeryville Taiko』という団体だそうです。
やっぱりDNAに組み込まれているのでしょうか。心の底から感動しました。


だけど、いくら素晴らしい太鼓を見ても、食べることは決して忘れたりしません。
最初からこの通りのどこかでお昼ごはんを食べる予定で、朝から空腹を抱えていたのだし。
e0008012_1483246.jpg
煙のにおいと一緒に、この大きなホットドッグとChicken Kabobを。
この他に『Sweet Basil Thai Cuisine』というレストランのPad Thaiも軽くこなしています。
2時間も歩きっぱなしだったし、おなかもへります。

天気にも恵まれ、よく歩き、よく食べ、よく笑った楽しい一日でした。

そして、帰り道に見たもの。
[PR]
by nonshi | 2005-09-12 14:54 | Bay Area
染まるもの。
どっしり居座っていた霧も、ようやく晴れて
e0008012_16114871.jpg
8月も終わろうという頃、青空が戻ってきました。
これこれ。去年は毎日こんな調子だったのにな。
気温も少し上がり、気持ちも軽く半袖をさらっと着て散歩にでかけました。



だけど・・・。
e0008012_1612167.jpg
なんだかすでに秋の気配。
e0008012_16121344.jpg
まだ小さなイチョウの木も、小さいなりにちゃんと黄色になっています。
イチョウは落ち葉の片付けが大変よーと言う人もいますが、私は大好きな木のひとつ。
将来家を持つことがあれば、イチョウを植えようとかたく心に決めているのです。

そして、この細い枝に咲く紫の花も落ち始めていました。
e0008012_16303265.jpg
絵の具のような紫がはっとするほどキレイなこの花、いまだに名前は知らないのですが、初めてベイエリアに足を踏み入れた時、宿に向かう車の窓越しに見えました。
それは秋も深まった頃で、空はどんより曇っていて木の葉も落ちて、青い空と緑豊かなはずの街は無彩色で、さらに雨に霞んでいました。
そんな不安な気持ちに拍車をかけるような景色の中、この紫の花だけが唯一色のあるものとして、ばーんと目に飛び込んできて、始めて見るそれはとても印象的でした。
今でもこの花を見ると、始めてここへやって来たその日のことを思い出します。

少しずつ秋はやって来ます。
だけどその前に、もう少し夏の日が続きますように。
[PR]
by nonshi | 2005-08-28 16:59 | Bay Area
Over the Rainbow。
8月といえば夏休みですね。
夏休みといえば旅行です。
旅行といえば・・・、
e0008012_11442815.jpg
                                        ハワイへ行きたい・・・。

それで、
[PR]
by nonshi | 2005-08-07 14:01 | Bay Area
飛び出し注意。
今日、車で鹿をひきそうになりました。
e0008012_992859.jpg
足が速くてあっという間に去ってしまい写真には撮れなかったので、飛び出し注意の看板で。

ここは山の斜面に沿って広がる住宅地なんですが、この看板が結構立っています。それだけ頻繁に野生の鹿が出没します。
夕方近くにそのあたりを通ると、サンフランシスコからの霧にみるみる覆われて視界がとても悪くなり、今まで鹿に遭遇するのはだいたいその時間帯、その怪しげな霧の中だったのに、今日は日中、何の心構えもないところに突然飛び出してきました。
そう、危険は忘れた頃にやってきます。
危ない、危ない。傾斜が約20度はあろうかという下り坂で急ブレーキ。車は斜めに止まって、どきどきして、足が震えてすぐに次の行動に移れない。
でも、カメラのことはちゃんと頭をよぎる。結局、間に合いませんでしたけど。

鹿のほかに野生のアライグマやリスも、たくさん見かけます。これだけ家が密集していても、木はめったなことでは切らずに残してあるし、うまく自然と共存しているのものだと感動すらします。
e0008012_12263547.jpg
e0008012_12264434.jpg

宅地にするために木を切り倒して造成するのではない、木々の隙間に家を建てるかのようなこの姿勢は本当にすばらしい。
そういえば、いつもは3頭(たぶん、親1子2)で連れ立っているのに、今日見たのは2頭だけでした。車にひかれず、無事でいますように。
[PR]
by nonshi | 2005-08-03 12:32 | Bay Area
熊づくし。
e0008012_1325513.jpgUCB(University of California at Berkeley)へ行きました。
散歩をしたり、近くでお昼ご飯を買ってそこで食べたりとよく行くところなのですが、用事で近くまで行ったので、本日もまた。
平日は学生でごった返していますが、週末ともなると犬の散歩をする人、ただ木陰で寝ている人、または観光で来ている人などが気ままにのんびり過ごしています。今日はめずらしく朝から夏の気配があって、午後遅くとはいえ気温は30℃を軽く越えていましたが、家にいても余計暑いだけだし、ひとつ念願だったことも果すべく、カメラを持っていつもより意気込んで行きました。


その念願とは、いつかいつかと思いながら、なかなか機会のなかったこのタワーに登ること。
e0008012_13392521.jpg
                      『Sather Tower』

Berkeleyの街はもちろんサンフランシスコ湾、はてはゴールデンゲートブリッジまで見渡せる(はず)絶好の場所です。本当にしょっちゅうこのそばを通っていて、なじみ深いものなんですが、いつも見上げて通り過ぎるだけ。今日は霧も出ていないし、なにもかも見渡し放題です。

そこへたどり着く前に、せっかくカメラを持っていたので少しぶらぶら歩いて撮影。
e0008012_1621515.jpg
  くま、くま、くま。
e0008012_1624076.jpg
  くま、くま、くま。

大学のシンボルは青と金色と、そして熊です。アメフトなんかの試合の時には『Go Bears!!』というような応援がされたりします。e0008012_15233899.jpg

読み終えたばかりの、アーヴィングの『ホテル・ニューハンプシャー』の中でも、熊が印象深い登場人物(?)として書かれていたし、最近どうも熊に思い入れが出てきたような。ここは北海道の山の中ではないし、恐怖ではなく愛すべき強いものの象徴なのです。

そして、歩き疲れる前にいよいよタワーへ。



ちょうど4時の鐘が鳴ったところで、その時上の展望台にいる人はすぐそばで鳴り響くこの音にどうやって耐えるのだろう、といらぬ心配をしながら向かいました。

そして、タワーの入り口。
[PR]
by nonshi | 2005-07-24 16:11 | Bay Area
ヨーダです、こんにちは。
e0008012_12544778.jpg
いきなり、すみません。
先日こういうものができたというニュースを聞きつけまして、エピソードⅢを見た余韻にひたっているうちに行かねばならぬと、早速行ってきました。
この場所、実はサンフランシスコのPresidio地区に再開発されてできた『George Lucas' Letterman Digital Arts Center』というところ。野外でのオープニングパーティーにはジョージ・ルーカス本人も来ていたそうで、ニュースでいろいろ紹介されていたのですが、
私は何よりまず、このヨーダにやられました。
e0008012_1350613.jpg
                       ここを通り抜けて、
e0008012_13502572.jpg
                     さらにここを通り抜けると、
e0008012_6293641.jpg
             このように達観したご様子でたたずんでおられます。

このセンター、敷地が大学のキャンパスかと思えるほど広大で(国立公園内だそう)、ゴールデンゲートブリッジも近くに見ることができます。とても静かできれいで土の匂いもして、ゆったりと散歩よし、ベンチに座って読書よしといった場所でした。
e0008012_1521138.jpg
歩き疲れていなければ、後ろに見えるThe Palace of Fine Artsやマリーナへも歩いて行くことができます。
はっきり言って、今日はヨーダを見ることだけが目的で行ったのだし、家を出たのもおそかったし、おまけに霧も出ていたので、それほど期待していたわけではなかったのですが、あまりにも気持ちのよい場所をたくさん歩けて、思いがけずよい週末になりました。これならば毎週末ここで過ごしてもよいくらいです。
駐車場が簡単に見つかれば、ですが。
[PR]
by nonshi | 2005-07-10 16:15 | Bay Area



CaliforniaのBay Area のんしの日記
by nonshi
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30