Top
カテゴリ:*sweets( 85 )
新型 - Nordic Ware Bundt
真打ちです。
e0008012_6471288.jpg

ずいぶんと何かが外れてしまったかのように高まっていた新型熱。念願のNordic Ware、これでようやくおさまるというものです。結局、これが欲しかったのだな。遠回り。

最初に胸がときめいたのは、mimiさんこちら、HOLIDAY仕様のもの。一目惚れだってしますとも。どきどきわくわくさえ。
すぐお店に走る勢いを持ちつつも眠っている我が家の型を思い浮かべて、ちょっと踏みとどまる。そこへこれです。satoちゃんのチョコレートのパウンドケーキ。これで焼かれたお菓子が、実物が目の前にあって、どう踏みとどまっていられるでしょう。いられるものか。
そんなこんなで、我が家にもNordic Wareが仲間入り。

さて初焼きは、少し前に立ち読みした「Martha Stewart Living」のガーデン特集の中から、レモンタイムのシロップがけパウンドケーキ。シロップがけとは、なんて新鮮。庭からのフレッシュハーブを使う(実際は違うけど)とは、なんとなく春を先取り。よいタイミング。
しかし、立ち読みして暗記したはずのレシピをすっかり忘れていました。メモくらいすればよいものを。自分の記憶力を過信してはいけません。
ふたたび本屋へ走り、ふたたび頭にレシピを叩き込んだのに(またメモを忘れた)、でもやっぱり家に着く頃には忘れていて、仕方がないので基本のパウンドケーキの分量で。

でも、シロップの方は覚えていましたよ。つまりシロップで記憶の容量がいっぱいなのでした。
e0008012_1242449.jpg

マスカットのワインとお砂糖を煮詰めて、そこへレモンタイムを入れたもの。よい香りです。
実はワインのコルクを開けるのは大変苦手で、開けてくれるのを何様のようにいつも待っているのですが、がんばりました。情熱があればできるのです。危なかったけど。

どれだけの時間焼けばよいものかと何度かオーブンの中を確認して、ようやくころんと焼きあがったパウンドケーキにシロップをかけて、しみ込みまで少し待って。
写真では白く飛んで見えないけれど、たくさんかかっています。そして、しみ込んでいます。
e0008012_124406.jpg

中にもレモンタイム。割ると、レモンのような爽やかな香りがぷわんと。至福。
e0008012_1245529.jpg

もそもそっとしたパウンドケーキももちろん大好きですが、このシロップがしみ込んだもの、しんなり・しっとりしていて、香りもよくてまた新鮮でした。いつものパウンドケーキに飽きたら、もしくはかたくなってしまったら、たらっとシロップをかけてやるとよいかもしれません。
惜しむらくは、マスカットのワインが甘ったるすぎ(安物だし)。次回は辛口のワインできりりとした甘さでいきましょう。そうすると、もっとレモンタイムの香りも引き立つに違いない。

だけどそれより何より、この形がよいです。よすぎます。パウンドケーキだけじゃもったいない。
次は何を焼こうかと、あれもこれもと楽しく空想中。
[PR]
by nonshi | 2006-03-15 09:39 | *sweets
新型 - Rectangle Molds
春ですもの(ものすごく寒いけど)、新型だって使いたくなります。
e0008012_162871.jpg

なかなか踏ん切りのつかなかったフィナンシェの型。たがというものが外れてしまったようです。ああ、すっきりした。

さっそくフィナンシェを、と思いましたが、もっと心惹かれるものがあったので、そちらを先に。
少し前に、zo.chikaさんこちらでご披露!された、「Chef, Interrupted」からの豪華週末の晩飯。わぁ、これはよい本だとぽちっとする間にもう1冊、デザートとして作られていたチーズケーキがあんまりにもおいしそうなClaudia Flemingの別のレシピ本、「The Last Course: The Desserts of Gramercy Tavern」、こちらも一緒に。だから、たがが外れているのです。

ちょうど寝込んでいる間に家に届いて、少し起きられるようになった時にぱらぱらページをめくっていると、もうこれだ、と。すぐ決定。
元気になったら作るんだと、ある意味励みでもありました。

夢に見るかのように思い焦がれたそれは、ブルーベリーとクリームチーズのタルト。まったくもってブルーベリーがおいしそうだったのです。
まず型を買いに出かけて、それからブルーベリーとクリームチーズも調達して。
e0008012_16121428.jpg

チーズは、北カリフォルニアにある「Sierra Nevada Cheese Company」のGina Marieというクリームチーズ。Real California Cheeseマーク付き。
軽い食感で、でも味は濃厚。矛盾しているようですが、すっきりとした濃厚さ。塩気もほどよくあって、危ない危ない、ちょうどよくパンなんてあるものだから、使う前に食べつくしてしまうところでした。

e0008012_1623546.jpg
                                    できあがり。

扱いづらいタルト生地にまた泣かされましたが、バターたっぷりのそれは、よい香りもしておいしかったです。いつものように焼きすぎなので、余計に香ばしさも増しているし。
ブルーベリーは半量をソースにして、残りの生のブルーベリーに絡ませるという、なぜにその手間を?という疑問・不安もありましたが、食べてみて納得。ぷちっ、むにゅ、さくっと食感が楽しい。生のブルーベリーの食感とソースの甘さのよいところ、両方取り。
チーズのクリームは気分からおいしいので、文句なし。

お気付きかと思いますが、新型でなくともできました、このタルト。だけど思い描いた通り、手づかみで大口を開けて食べられたので満足です。
さあ、これでようやくフィナンシェも作れます。嬉しい。4つしかないけど。


* 最近、寒い寒いと言っておりますが、本当に寒いです。
 サンフランシスコ市内の山では雪も降ったようですよ(こちら、写真が少しあります)。
 去年の今頃より、10℃くらい気温が低いそうです。ぶるぶる。
[PR]
by nonshi | 2006-03-11 18:50 | *sweets
新型 - Round Bottom Mold
つまがつまりました。
e0008012_15441627.jpg

つまり、妻が詰まったのです。
つまりも何もない気もしますが、ここ数年、年に一度くらいの割合で耳の閉塞感に襲われるのです。原因不明で、しかもそれは突然やってくるので、つまった時はびっくりします。びっくりはしますが、放っておいても2、3日で治ります。初めての「つまり」に比べたら、余裕さえ。
だから、なんてことはないのですが、お約束のように「つまがつまった」と一応騒いでみます。
騒ぎついでに、ここにも書いてみました。
この「つまり」、めまいを感じることもありますが、他のことで気を紛らわせていれば、大丈夫。
でも、今日は雨も降っていて余計に不快。ただ今不快指数、50%。

こんな日は楽しいことをするに限ると、新型の登場なのでした(長い前置き)。

やっと見つけたトヨ型で、作ったのはチョコレートのムース。
e0008012_15443341.jpg

再び、Bay Breadの「The American Boulangerie」から。これは本当は、ブッシュドノエルという名がついていたりもします。だけど、よいのです。季節感は、気にしない。グレイズの歪なかかり具合も、気にしない(・・・でください)。

e0008012_15445093.jpg
チョコレートムース、ひそかに作り続けて
いました。レシピも、卵なし、卵ありだけど
強引に卵抜き、加熱卵あり、など。
他にもホワイトチョコレートと2層、それに
ラズベリーのムースを加えた3層、など。
いろいろ、たくさん。

右のものは、最初に作った、豪華3層の
加熱卵入り・手間&洗い物がたくさん・
しかも型から抜けない・もういやだ版。

でも、これがふんわりとしていて、とても
気に入ってしまったので、諦めきれずに
試行錯誤を繰り返す。

何度目の挑戦かもう分からない今回は、
元のレシピから生の卵白だけを抜いて、
生クリームを少し強めに泡立てて。


これでどうだ、と思ってみたら、まずまず満足のいくものができました。だけど、しゅわっと感がもう少し欲しいかな、やっぱり。
e0008012_1545946.jpg

そうそう、別々にムースを作って層にするというオプションは、とっくになくなっていたので、ラズベリーシロップとラズベリーのピューレを混ぜてみました。だけど今になって思い出したほど、すっかり味がチョコレートに負けていました(しかもガナッシュ付きだし)。
またやる気が出ることを願っています。最初に3層を食べた時の、あの衝撃をもう一度。
[PR]
by nonshi | 2006-02-27 15:26 | *sweets
ぽろぽろ、さくさく。
おフレンチレシピが続きます。
e0008012_15312179.jpg

週末はご想像の通り、降って湧いたスキン編集熱に浮かされ、外出どころか食事もままならない始末。やれやれ。ひと段落ついたので、あれやこれや買い出しへ行って、あれやこれやを作りましょうと思っていたら。

今日はPresident Dayの祝日。なんと3連休でした。お目当てのお店もしっかりClosed。
せっかくの連休を家に引きこもって、目をちかちかさせながら過ごしたなんて。がっくり。

でも、作りたい熱は保持。家にある材料でできるもの・・・。あった、あった。ついにこのレシピを試す時が?と、ひとり嬉しがったり、なぜかもじもじしてみたり。
これはに一度作って、そのまま写真集となってしまった「French Laundry」から、「Lemon Sabayon - Pine Nut Tart 」。
フレンチレストランのレシピとはいえ、サバイヨンとはイタリア起源なんだそうです、本当は。
でも、よい。気持ちはフレンチ。

レモンカードのタルトのようで、サバイヨンクリーム with レモン。タルト生地にパインナッツ。
このサバイヨン、レモンカードとの違いは卵を湯せんで温めながら泡立てること、だそうです。ふむふむ、この違いが違いなのだ、見た目も単純そうだ、なにより「very easy」とある。
などと、最初に作るのはこれかなと思っていたのでした。
それにしてはここへくるまで、ずいぶんと時間がかかったけれど。

e0008012_15385783.jpg

本当はマスカルポーネのクリームを添えるはずでしたが、ないので、あるはずもないので、代わりに生クリームとリコッタチーズを合わせてホイップしたものを。

サバイヨンはふんわりしたレモンカードという印象で、それほどありがたみは感じなかったのですが、タルト、このパインナッツのタルト生地がとても新鮮。といっても、タルトのように扱えなくて、なにが「very easy」だと行き場のない怒りがこみあげてきたりもしましたが。
これはガレットのような、ぽろぽろさくさく。パインナッツも挽きすぎてペースト状になってしまって、どうなることかと思いましたが、アーモンドほどくせもなく、なんともよろしい。
そして何より何より、この本から作った、という満足感でいっぱい。

この本をお持ちの方は、あまりの見た目の違いに驚くかと思います。私も驚きました。
レシピを読み返してみると、なんとブロイラーで焼くとありました。満足感、ちょっと減退。
だけど普段のものとしては、オーブンに放り込んだまま焼いたものでよいのではないかと思います。ブロイラーを試さずして、何を言うという感もありますが、それでもこれで充分。
いつもいつも同じタルトレシピから、かなりの進歩。

あんまりにも気に入ったので、また作ろう。冷凍庫には、もう2回分。
[PR]
by nonshi | 2006-02-21 16:32 | *sweets
chocolate for girls
やっぱり、チョコレートは食べたい。
e0008012_1542974.jpg

今年のValentine's Day、何も作らず買わずもらえず、ごく普通にすごしたのですが、チョコレートは用意してありました。ただのチョコレートです、製菓用(?)の。
他のブログを徘徊していると、あちらこちらにチョコレート。やっぱり作りたい、そして食べたい。
なので、時期を逃したことも承知の上で、だけどそんなことおかまいなしにチョコレートケーキを焼きました。ガトー・ショコラです。

も、ものすごいひび割れ。粉砂糖やなにかで隠さないのは、ノーメイクで出歩くような。と言っても、最近はすっかりノーメイクなので、ノーまゆげくらいの気恥ずかしさですが、普通のガトー・ショコラにひと手間かかっています。お見せしなくては。

e0008012_1571485.jpgこれは、こちらの本に載っていたもの。
Bay Bread」(注:開くと音、出ます)というサンフランシスコ市内にあるパン屋のものです。

おいしいおいしい、ちゃんと層になったクロワッサンやカヌレやキッシュやブリオッシュやバゲットが並ぶ店。とにかく好きなのです。なんでも。全部。
少し前にパンを焼いてみたいと思った時に、真っ先に手に入れた本。でも、パンはまだです。まずはケーキから。

普通のガトー・ショコラにガナッシュをマーブルに混ぜ込んであります。本ではガナッシュの部分がやわらかで、とろけるように見えたのですが、まったく焼きすぎのようです。どっしり馴染んでしまいました。ほんの少しマーブルが残る程度。
これがノーメイクのわけでした。これだけ。

このレシピはまったく粉が入らない、どっしりとしたもの。
今回は女3人でいただいたのですが、ひとりの方がこれまたガトー・ショコラを持ってきてくださって、見るからに柔らかそうなそれは、粉が少し入るふわっとしたもの(これがまたおいしい、どうもありがとう!)。それと比べてみると、なるほど重さが際立って、非常にどっしりしたものでした。でも濃厚なものの気分の時にはよいケーキだと思います。作り方も簡単で、材料もごくシンプル。たくさんの量を作るなら、少し粉を足した方がよいかもしれません。さらに今回は、ココアパウダーも入れ忘れているし。それで余計にどっしりなのかも。おまけに翌日、焼きすぎのため、ひび割れだけでなく、本当に割れているし。
結論:焼きすぎない。そして、食べるのは少しでよい。

Bay Breadへは少し前に、久しぶりにクロワッサンを買いに出かけました。パンを焼いてみるにも、見本がないと。
e0008012_1572946.jpg
しかし、
もう閉まっていました。日曜は早く店じまいなのでした。やっと駐車スペースを見つけたというのに。くやし撮り。

この本は、まず英語がとてもわかりやすい。そして、作り方も長い文章の羅列ではなく、ちゃんと番号をふって、箇条書きに読みやすく書いてあります。他にも作ってみたいタルトやフィナンシェなどがたくさんあって、いつになったらパンの順番が来るのかわかりません。
でも、いつかは必ず。まずは、クロワッサンやブリオッシュを食べ果たしてから。

作り方が読みやすいなどと、えらそうに言っておりますが、しっかりココアパウダーを入れ忘れたり、ガナッシュも倍量作ったり。
これは、余ったガナッシュで。
e0008012_17245857.jpg

いちごにつけて、そこにピスタチオを。残りは温めた牛乳を入れて、ホットチョコレート。
最後までしっかりと残さず。でも、やれやれ。
こんな調子で、パンはいつになるのだろう、やれやれ。
[PR]
by nonshi | 2006-02-17 17:28 | *sweets
はんどう。
いきなり花です。
e0008012_16292529.jpg

鉄のフライパン、毎日大活躍でいまだに飽きる気配はまったくなく、それどころかあれもこれもと想像は膨らむばかりなのですが、真っ黒な鉄のかたまりや焦げにカメラのレンズを向けることに飽きました。まさか、こうくるとは。伏兵は、思わぬところに隠れているものです。

何か色のきれいな、かわいらしいものが撮りたくなって、家中を物色。冷蔵庫の中まで物色。
でも、そうそう都合よくかわいらしいものが私の家にあるはずもなく、目の前にあったお花で。
e0008012_16293534.jpg

そうです、撮って載せてみたかっただけなのでした。それだけです。

だけど、おやつも久しぶりに作りました。テーマは「かわいい」です。
e0008012_16294672.jpg

でも、出来たものはかわいくない。ぶちゃっと。やっぱり私には鉄がお似合い・・・。

これは「Beignet(ベニエ)」といって、元々はフランスのドーナツのようですが、アメリカでは
New Orleansでイーストの入った大き目のものがよく食べられるそうです。コーヒーと一緒に。ものすごく納得。コーヒーと合います。
中身の写真を撮ろうと思いつつ結局忘れましたが、シュー生地に似ています。作り方もほとんど同じ。もう少し歯ごたえ、もっちり感があります。
とにかく揚げたてがよいです。ぱふっとなります。ものすごく好きな味です。粉砂糖をふりましたが、なくてもほのかな甘みがあって、朝にでも昼にでもおやつにでも。
なんだかとんでもなく好みのものを知ってしまいました。ブームになったら大変。試練です。

こちらにおもしろい話がありました。2月2日、ちょっと早いけど、この偶然。嬉しびっくり。
食べ続けてよいわけがないと思いますが、せっかくだから、あさってまた作ろうっと。
[PR]
by nonshi | 2006-02-01 18:23 | *sweets
せっせと。
とても久しぶりのタルト。どの型にしようかなどと考えるまでもなく、特大。
さらに中身も特盛り。あふれんばかりのこれは、バナナです。
e0008012_13265956.jpg

バナナ、実は家にまだあるのに買ってしまいました。きっと何も考えてないのです。せっせと作った買い物リストも5回に4回は忘れていくし。いつまでたっても、こんな感じです。
なので、せっせと食べます。

さて、これはいつも作るように、タルト台を空焼きしてからカスタードクリームとフルーツをのせただけ。でも、バナナときたらあれ。あれあれ。もうこればっかり。ココア入りの生地です。

焼いている時はよい香りがしていて、ひとりほくそ笑んだりしていましたが、焼きあがってみると色も薄いし、ココアもそんなに感じません(かけらをつまんだ、つい)。
結局けちると、どっちつかずのものになり、かえって無駄になるのです。入れるのか入れないのか、はっきりします。まず次回は豪快に。
カスタードクリームもへんにカロリーを気にして砂糖を少なめにしたおかげで、まるで卵味の
クリーム。カロリーを気にするなら、いっそ作らなければいいのにと思いつつ、これもたぶん次回は、はっきりさせるために砂糖は豪快に(いえ、普通に)。

バナナには、変色させてなるものかとレモンがたっぷりかかっています。それでもなにかパンチが足りないような気がしたので、カラメルソースも。そしてとどめに、これでどうだとピスタチオも刻んで。ようやくこれで味の変化もできたでしょう。
やれやれ。それもこれもバナナのせいだ。いえ、まだあるのに買ったせい。

ええと、切り口。
写真を見てお分かりかと思いますが、まったく切ることを前提にしていませんでした。なので、見るも無残な姿になったので、かわりに家の働き鳥を紹介します。

e0008012_1327962.jpg

せっせとレモンを絞ってくれる、働きもの。頼りになります。
[PR]
by nonshi | 2006-01-17 15:00 | *sweets
いそいそ、寝坊の用意。
週末用に、チョコレートのパウンドケーキを焼きました。
e0008012_17103375.jpg

明日、土曜の朝はゆっくり寝てやろうと思っているからです。
おなかがすいたら、勝手に切って食べてください。どうぞ私を起こさないでください。

さて、これはごく普通のパウンドケーキに、チョコレートとやっぱりあのココアを入れました。
そして、あずきも。
実は鏡開きというものをすっかり忘れていて、あちらこちらのブログで見かける、お汁粉。食い入るように見つめておりました。そもそも、鏡餅なんてなかったのですけど、もうとっくに時期を逃してしまったのですけど、食べたいものは食べたい。甘いあずき、食べたい。
そんなわけで朝からことこと、あずきを煮ました。

そこで思い出したのが、あずきとチョコレートの組み合わせ。私の尊敬する料理家のひとりである長尾智子さんがお店のプロデュースに参加されたという、こちらのカフェで知りました。
あずきとチョコレート、びっくりしました。でも、「あんもチョコレートも豆同士」、そうあんの権威(?)に言われれば、なるほどと自動的にうなずいてしまいます。単純です。

残念なことに、写真でしか分かりようがありません。本来はこしあんを使っているようですが、煮たあずきをそのまま入れたパウンドケーキにしました。
e0008012_17104665.jpg

大事な、貴重な栗の甘露煮も。あと3つ残ってましたよ。残さず、残さず。
週末用と言いながら、もう食べています。お味は、ずばりチョコレート味。こしあんじゃないしなと思っていたら、最後にしっとりあずきの味がしました。豆の食感も好き。
これはなかなかよいです。このカフェ、いつか必ず行こう。本物を食べよう。

小さめ(14センチ)の型を使ったので、もうひとつ。足りなくなって起こされたらたまりません。
e0008012_1711475.jpg

これはあずきを入れる前の生地とバナナ入りの生地でマーブルに。へんなマーブル。
というかマーブルですらない・・・。
見た目はともかく、バナナとチョコレートの組み合わせはどんなにしてもおいしいです。

さあこれで、明日の朝はゆっくり寝ていられます。
e0008012_18534339.jpg

そして私はというと、遅くにのそのそ起き出して、またこのお汁粉を食べるのです。

みなさまもどうぞよい週末をお過ごしください。
[PR]
by nonshi | 2006-01-14 18:48 | *sweets
はじめの1歩。
そのままの方が絶対おいしいのですが、何かやらかしてしまいました。
e0008012_1620519.jpg

洋梨のチップとコンポートです。
何を思ってこんな形にしたかというと、この後の工程がちゃんとあるにもかかわらず、とても進められそうになかったので、勝手に省略したからです。

これは恐れ多くも、「French Laundry」のレシピ(あくまで一部)。
本当は「Pear Strudel」という、洋梨のコンポートをFiloというパイ生地のようなもので包んだもののようで、他に栗のクリームもこうしてああしてと、とても読み進められないほどの工程があったのですが、オリジナルのコンポートのレシピも載っていたので、まずはそこから。
つまり、それだけ。

チップスにしたのは、この「Bosc pear」。形はこんなですが、しゃりっとした食感。洋梨というよりは、日本の幸水などに近いかなと勝手に思っています。
e0008012_15365624.jpg
ごくごく薄くスライスして、さっと砂糖で煮て、ごくごく低温のオーブンで乾燥させます。
甘い。べたべたするくらい、甘い。でも止まらない、そんな味です。

それから、コンポートにしたのは「Comice pear」。
e0008012_15371510.jpg
これはですね、大変です。料理評論家の方なら100も言葉が出てきそうな、そんな大変な
おいしさでした。思わずうろたえるほど。とろっとしていてクリーミーで、香りもナッツのような。
語彙がないので、これ以上の言葉がでてきません。とにかく新年そうそう、今年の大事件にあがります。見た目があれなので、今まで避けていたのでしょうね。これからは直行です。

そのまま食べても何か手を加えたかのような、コクのあるおいしさなのですが、コンポートにしてもそれは変わらず。ぐふっと笑いが出ました。ぐふっと。ぐふふと。
そうですね。どんなに喜んで興奮したかは、もうこのくらいで・・・。


ナパバレーは、Yountvilleというところにあるこのレストラン。全米からお客が集まり、予約がとりづらいという意味でも大変有名で、いまだに足を踏み入れたこともなく、ただ有名だ、だからおいしいに違いない、その程度の知識しか持ち合わせていないのですが、やっぱりいつかは一度・・・と憧れる、私にとってはなんだか敷居の高いレストランであります。
e0008012_1656692.jpg
百科事典のようなこのレシピ本、クリスマスに自分へのプレゼントとして買いました。
厚いです。そして重いです。その分、食材の扱い方や基本のソースの作り方もかなり詳しく書かれています。それにやっぱり写真もきれい。フレンチなので、日常のテーブルにのるお料理は少ないかもしれませんが、それでも大事に大事に読んで、これから少しずついろんなことを覚えていきたいものです。


大事に大事にといえば、コンポートの煮汁も大事に使いました。
e0008012_1772085.jpg

煮汁にはたくさん白ワインを使ったので、クレーム・ド・カシスを混ぜたものと2層にして、Boscも入れて(Comiceは、もうない)。ゼリー、キール風。
[PR]
by nonshi | 2006-01-12 17:27 | *sweets
(似非)健康志向。
今日はキャロットケーキなんぞ焼きました。
e0008012_16102247.jpg

これはクリスマスからこっち、相変わらず暴飲暴食が続いているので、少しでも身体によいものを、と思ったわけなのですが、全然これじゃあ意味がないです。
たっぷりの、たっぷりすぎるくらいのアイシングつきです。

ティラミスに思いのほか手こずり、途中で何を作っているの分からなくなり、やっぱりというようにマスカルポーネの味などしない出来上がりに、(ココアに救われたとはいえ)少々がっかりしていたので、いつかいつかと思っていたこのレシピを引っ張り出してみました。
そうなのです。このチーズのアイシングはマスカルポーネ。それだけで、なんだか特別なケーキのような気がしていたのでした。

このアイシングのたっぷりかかったキャロットケーキ、スコーンなどが置いてあるカフェでは必ずといっていいほど見かけます。いつものように砂糖の量の比較のために他のレシピを探してみたのですが、どうやらこれはアメリカのケーキだったのですね。もう、何にも知らなすぎ。
だけど、これでポットラックパーティーなどで、「それは何だ・・・?」と怖気づかれないケーキがひとつ増えました。

参考にしたレシピはあれど、分量は適当です。だいだい粉も卵も油分も同じくらいのパウンドケーキのような感じになりました。でも、サラダオイルを使うレシピも発見したので、バターの代わりにベニバナオイルを。
健康もダイエットも気持ちからです。何事もそうです。そう信じています(えらそうに)。

e0008012_16103373.jpg

とびきりの出来ではなかったですけど、それなりにおいしかったです。なにより甘くて濃厚なアイシングが。やっぱりアイシングがあるとおいしい。危険なものに限っておいしい。
何をどのくらい入れたか今日もまた分からなくなって、改良することも、同じものを作ることさえ危ういですが、とりあえずしばらくは満足です。気が済みました。
それに、そんなにいつもいつも食べてはいけないものでしょう、やっぱり。
[PR]
by nonshi | 2006-01-10 16:58 | *sweets



CaliforniaのBay Area のんしの日記
by nonshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31