「ほっ」と。キャンペーン
Top
カテゴリ:Japan 2006・冬( 3 )
寒いけど。
寒い寒い。5月なのに、まだ寒いです。
e0008012_15364210.jpg

ヒーターをつけてもこもこと着ぶくれしながら、雨も降っているしまったく今年はなんてことだと嘆いておりますが、体というのは楽な方に流れ慣れていくのだ、と去年の冬の写真を見ながら思いました。

だって雪。
[PR]
by nonshi | 2007-05-04 17:43 | Japan 2006・冬
鼓でも舞でも。
日本から帰る空港で急にぽつんとさみしくなって胸がいっぱいになっていたらそこには夕焼けが。まるでささっ感動して泣きなさいとでもいうみたいに。そしてやっぱり泣きました。
e0008012_4392690.jpg

こういう時ってなんでも大げさにとらえがちになるものですが、それにしてもあんまりなお膳立て。あんまりにもきれい。同時に待っていてくれた人たち、帰る場所というものを強く思い元気にもなりました。泣き鼓舞。
楽しい時間を一緒にすごしてくれてたくさん力をくれて、みんなどうもありがとう。

この3週間、久しぶりの雪やクリスマスのイルミネーションや忘れがたい瞬間がたくさんあったけれど、最後に見た夕方の風景はすばらしくきれいでした。なによりも。


と、いまだ激しく日本を引きずりしかも激しく時差ぼけ(どっちの時間にもあってなくてよけいに手に負えない)している場合ではないのです。さすがに忘れたふりももうできません(ああ)。
今年もあと9日!
[PR]
by nonshi | 2006-12-23 05:36 | Japan 2006・冬
さむっ。
まるで旅に出ているみたいだと思ったのは本当は夢を見ているみたいだ、が正解だった楽しい時間が続いていて(まだまだ↓の続きがあるのです!)去りがたかったものすごーい秋晴れのベイエリアをあとにして今は日本に帰省中です。
e0008012_2292685.jpg

日本での滞在は思い出すことがたくさんあって(忘れるなという話でもありますよ)、夏に帰ったときにも思ったように何かベースのようなものを見失っていたと感じるのだけれど、それを
取り戻すのではなくて時間やそれなりの経験がつみかさなったhome はまた違ったふうに
見えてもよいのではないかと思いはじめたりもしています。が、まったくその通りで見るもの
食べるもの、どこに行っても新鮮で軽く興奮 & ショック状態です。がんと打たれでもしたように。打たれ続ける毎日。デパートの地下のケーキ屋さんの前でいちいち動けなくなっている
あやしい人は私です。
それらは懐かしいようでもあり旅に出ているようでもあり夢を見ているようでもあり(特にこの
シーズンは)楽しくってしかたがないです。寒いけれど。さらに雪だけれど!

ベイエリアの楽しい日々を含めてここしばらくのできごとは、受け止めるだけで私の許容量がいっぱいです。それだけではなく消化不良をもおこすほどなのです。なのでいずれ我に返って落ち着いたらこの楽しい日々を綴りたいと思います。
12月になり寒さもきびしくなるうえに何かとあわただしい日々が続くと思いますが、みなさまもどうぞ楽しい毎日を送られますように。
[PR]
by nonshi | 2006-12-04 22:56 | Japan 2006・冬



CaliforniaのBay Area のんしの日記
by nonshi
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28