Top
カテゴリ:Foods( 9 )
Rust Box
Valentine's Dayどころか、もう3月になろうとしていました。今日、はだかの桜の木の枝先にぷくっとしたものを発見して、ちょっと待ってください、と思いました。
e0008012_1771731.jpg

もう出遅れ感いっぱいですが、でもせっかく手に入れたので。

R...
[PR]
by nonshi | 2008-02-29 19:04 | Foods
自由研究。
おひさしぶり。
e0008012_15261713.jpg

かわらず元気です。
どうしたどうした、いったいどうしたとご心配いただき、どうもすみません。そしてありがとう。
かわらず「どんだけ集中力のある食べっぷり」な日々をすごしております。

その集中力
[PR]
by nonshi | 2008-01-22 17:33 | Foods
焙じ茶のある生活。
祭りのようです、焙じ茶祭り。

e0008012_14434647.jpg

いつもはコーヒーと炭酸水(あとグアバジュース)ばかりですが、足を踏み入れた焙じ茶の世界はすごかったです。

深いです。
[PR]
by nonshi | 2007-06-11 16:59 | Foods
おろおろ。
今年も4分の1をすぎまして、すでに8回目(推定)のブームは、
e0008012_519659.jpg

それはもう大ブームです。

その名は、
[PR]
by nonshi | 2007-04-13 13:59 | Foods
予告など。
e0008012_1445198.jpg

もう作って食べてしまったもの、仕込み中のもの、これから作る(予定の)もの。
ぼちぼち書いていきます。
[PR]
by nonshi | 2006-04-13 14:51 | Foods
お菓子を作っている場合ではないのです。
たくさん並ぶクリスマスのお菓子。
中でもとりわけ光って見えたもの、またパッケージ買いをしてしまいました。
e0008012_14213049.jpg

ところが、嬉々としながらパッケージを開けてみると、そこには見慣れないものが。
『ICING SUGAR』 ・・・?
これは何、私は何を買ってきたのだと、もう一度箱をひっくり返して見てみても、どこにも『PANETTONE』などとは書いてありません。そこにあるのは、『IL PANDORO』・・・。

まだまだ世の中には知らない事がいっぱいだと、さっそく調べてみると、つまり、これはドライフルーツの入らないパネトーネのようなもの。付属の粉砂糖を振り掛けていただくんだそうです。そこまで分かったら、もうこっちのものです。先ほどからよい匂いに、気持ちばかり焦って仕方がないので、さっそく。
e0008012_14214528.jpg

     たっぷりの粉砂糖をかけて。
e0008012_14215475.jpg

     もう一度袋を閉じて、シェイク。

e0008012_1422469.jpg
     どうどうたるお姿に。

e0008012_1439218.jpg

まだまだ世の中には知らない美味しいものがいっぱい。
週末の間ずっと食べ続け、残るは空き箱だけ。また次の週末用に買いにいきます。

                                       
[PR]
by nonshi | 2005-12-05 14:48 | Foods
素晴らしき哉、 freshness。
普段はあまり行かないスーパーで、陶器の入れ物に惹かれて買ったヨーグルト。
e0008012_9235783.jpg

家に帰ってから調べてみると、『Saint Benoît』というところのもので、Sonoma County (カリフォルニアワインの産地のひとつ)のジャージー乳を使い、そこから2マイル(3.2km)以内のところで直ちに製造され、さらに、置いてある店はほぼベイエリアのみという非常にローカルなものでした。
底の部分にジャムの敷いてあるものもあり、そのジャムも同じくSonoma Countyで有機栽培のフルーツから手作りされたもので、砂糖も控えめだそう。

ヨーグルトの輸送も天然ガスで走る車でするそうで、こういう作り手の顔が見え(実際、HPで見られる)、その心意気が伝わる美味しくてよいものが手に入るのは、うれしいことです。

食べてみると、脂肪分の固まったつぶや気泡が残っているとても素朴な感触で、昔ガラスの瓶に入っていた、蓋にピンクのセロファンがかかったヨーグルトのような(瓶にバラの絵がついていたかも)、クリーミーすぎず、酸味がとても強いなんだか懐かしい味。

HPにはこうも書いてありました。
  - its freshness is exceptional! 

それに何がすごいって、腸にききます。しかもすぐに。
やはり少し値段は高めですが、安心して食べられて、幸せな気持ちになれて、体にもよいなら、また買いに走りたくなるというものです。
[PR]
by nonshi | 2005-08-05 13:09 | Foods
休み終わって。
独立記念日の連休もあっさり終わりました。
e0008012_6484932.jpg

タイミング悪く夫が多忙週間であったため、特にいつもと変わらぬ週末ではあったのですが、
町中祭りムードで、というか明らかに祭りで、窓を開けて車を走らせるとそこら中からBBQの
匂いがしてくるし、ああ、もう、なぜいつもこうタイミングが悪いのだろうと嘆いた、祭りの日、
またしても晴れ。

これが最後の祭りではないと苦しいながらも自分に言い聞かせていたのですが、夜、花火が
本格的に始まると、もうだめ。無理やり行きました。たぶん人も車もすごいことになっていると
予想して、花火からは遠いけれど何ヶ所からもあがる花火を見渡せる近所の海沿いへ。
だけど、やっぱり遠すぎました。そして、寒すぎました。頭からフードをすっぽりかぶったくらい
じゃ間に合いません。夜のベイエリア、なめてはいけません。
なので、さっさと退散するはめになり、でも行くだけは行ったので少し満足し、終わってみれば
こんなもんだと妙に納得し、こうして連休は終わったのでした。

そして、連休明け。
写真のパンはなぜだか理由は知らないけれどモーニングバンと呼ばれるもの。
だから、朝に食べます。最近、気に入ってこればかり食べています。パン屋によってはシナ
モンがたっぷり入っているところもあったりして、まだまだ飽きる気配はありません。
また1週間が始まります。
ここらで日記を書き上げて、連休の間にたまったあれこれ片付けねば。
[PR]
by nonshi | 2005-07-06 07:19 | Foods
プラム。
e0008012_10523799.jpg昔々、我が家にはプラムの木がありました。そんなに大きな木ではなかったと思うのですが、それでも夏になるとそこそこ実って、かぶりつくのがとても楽しみでした。
ほんの小さな子供の私にとって果物といえば、いちごにりんごにバナナにメロンです。プラムは何か特別な果物なのだと思い込み、誇らしい気持ちでいたものです。

だけど、なぜかいつの間にかプラムの木はなくなり、夏の果物もメロンにとってかわられ、しばらく長いことプラムを食べていませんでした。

いつも行くスーパーには”旬の果物コーナー” があり、ただいま祭りのようにプラムが並んでいて、それはもうたくさんの種類があるもんだから、みなさん勝手に味見をしています。味見というか1個丸ごと本気で食べています。私もね食べてみました。そうしたら、あの子供の頃に食べたプラムなんです。ちょっとかたくて、ちょっと酸っぱくて、皮なんて全然むけない素朴なプラム。そういえばにんじんも昔はもっと土くさかったなと、何だか感慨深く、山のようにプラムを買って帰りました。
e0008012_11364.jpg

いつも何してるの?ちゃんと食べてる?車の運転気をつけてる?などと、この年になっても
いまだに心配をかけている家族(特に母)や友人たちに見てもらおうと思って、このブログを
始めたわけなんですが、こんな里心をだしては余計心配をさせてしまいます。
母、私は元気ですから。

しかし、なにもこんなにたくさん買うことはなかったな。
[PR]
by nonshi | 2005-06-29 11:23 | Foods



CaliforniaのBay Area のんしの日記
by nonshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31