Top
カテゴリ:Other( 12 )
眠れぬ夜に、ジャスミンとワインとドストエフスキー。
なんだかもう、タイトルで書きたいことのすべてかもしれない・・・。
e0008012_13165566.jpg

タイトルだけというのもなんなので、気を取り直して。
私は寝つきがとても悪いので、よく眠れるように昔からいろいろなことを試しているのですが、ここ数年ずっと枕元に置いてあるのが、ジャスミンの香りのこの石鹸。

いつも置いてあるので、鼻も慣れてきて普段はあまり意識することはないのですが、ふとした拍子にほのかに香ります。本を読むのにつけているランプの光で温まるからなのでしょうか、ふわっとした感じで。
これはもう何代目になるのでしょうか。歯ブラシを換えるように、新しいものに換えています。そして古くなったものはお風呂場へ。無駄なく。

いかにも香料といったどぎつい感じのものは困りますが、石鹸ならいつまでたっても飽きずにいい気分になれます。効果のほどはわかりませんが、香ってくるとほっとするのです。


e0008012_13571133.jpgそれから、ワイン。

赤でも白でもピンクでも泡でも。
1本、5ドルくらいので充分。

これこそ、効果はわかりませんが、
一杯でちょうどよく酔っ払いになります。
それ以上飲むと、朝、顔が腫れるので、
これだけ。

寒くなってきたし、あったまるかなと
夜、PCに向かいながら、ちびちびと
やっています。



e0008012_13572543.jpg


そして、『白痴 by ドストエフスキー』。

これは最強、よく眠れます。
でも、悲しいことに、難しい授業に限って眠くなったのと同じ原理なのです。

いつもミステリー系、特に犯人探しのものが好きでよく読むのですが、こちらの古本市で見つけて、つい出来心で買いました。
長年の目標の、それはもう長い間、今年の抱負のひとつにも掲げたことのあるドストエフスキー読破。いまだに達成されず。
ただの1冊も・・・。



あとは、なるべくおなかをすかせておくこと、そして興奮する映画を夜遅く見ないこと。
それでもだめなら、諦めてPCの前にすわります。人生、諦めることも時には必要です。


今まで眠れなくて、どうしようもない気持ちになることが何度もありました。
でも、せっかくの秋の夜長、そんな気持ちで過ごすのはもったいないと思うのです。
だから、何か楽しいことを見つけて楽しむことにしましょう。
ドストエフスキーという、いざという時の強い味方もできたことだし。
[PR]
by nonshi | 2005-10-07 14:43 | Other
夏を思う。
北海道も例にもれず、今年の夏は全国各地猛暑のようでございます。
涼しいというよりはむしろ寒いベイエリアから、残暑お見舞いを申し上げます。
e0008012_1257594.jpg

さて、毎日涼しくて夏の気配などどこにもないベイエリアはEast Bayですが、ファーマーズマーケットへ行き夏野菜を買い、オンラインニュースで甲子園の結果を知り(選挙におされていますが)、なんとか無理やり夏気分を盛り上げています。
私は季節で一番夏が好きです。
夏になる前の、風が少しぬるくなって夏の気配ただよう時期が特に好きです。

そして、夏になると子供の頃を思い出します。

小学校低学年の頃、ラジオ体操はあまり行かなかったけれど(当時から早起きが苦手だった)、代わりにちょっと反省して、まだ涼しい午前中に書く夏休みの課題の絵日記。

その当時からあまり外で遊びたがらない子供だったのか、外は暑いけれど少しひんやりした風が通り抜ける家の中にいて、麦茶やカルピスを飲みながら、テレビからは高校野球中継が流れ、15日には一緒になって黙祷をし、そしてちょっと悲しい気分になる。
テーブルの上にはゆでとうきび。
桃やメロンの甘い匂いと、盆踊りを知らせる花火の音。

浴衣を着せてもらって下駄を履き、町内の盆踊りに行ってキャラメルをもらって帰ってくる。
家にあがると長く下駄を履いていたせいで、床を踏んだ感触がいつもと違う。
それから、家の前の道路で花火をする。近所に住む子供たちがいつの間にか集まってきて、最後は線香花火で名残惜しみながら終わり。
向かいに住むおばちゃんが送り火を焚く。訳の分からぬまま少し神妙な気持ちになる。
夜は蚊取り線香をたき、タオルケットに包まって寝る。

母の田舎へお墓参りに行って、お寺に寄ると大きな犬がいて怖かった。父があんな犬が欲しいと言い出して余計に怖かった。
田舎へ行くと商店や市場が新鮮に見え、かごに盛られた桃の甘ったるい匂いが、外に比べてひんやりとしたその市場の空気の中で強烈だった。
お出かけ用の花柄のワンピースを着せてもらえて嬉しかった。
それはすぐに小さくなったけれど。

もっと小さい頃、いとこが東京から遊びに来て一緒に洞爺湖へ遊びに行った時、私の母が 「ほら、あれが北海道の入道雲よ」と言って指したそれは、有珠山の噴火煙だった。
あたりが急に真っ暗になり、10センチも灰を積んだ車がそばを走り、それはまるでこの世の終わりのようだった。今でも忘れられない光景。

大人になってからの思い出も少しあります。大通り公園のビアガーデン。
仕事で外回りの途中、暑くて今日はビールを飲んだらおいしいなと思う。そういう日に限って残業に追われるのだけど、すっかり陽も落ちた頃、急いで仲間と合流して、座る暇も惜しんで生ビールをぐいっとやる。
ちょっと湿度があって生ぬるい空気が肌にからんで、虫が鳴いて、そこら中みんな酔っ払いで気持ちのいい夜。そういう夏の思い出。

北海道の短い夏の中で、今日も暑くなるという予感のする興奮に満ちた朝が大好きでした。
その興奮は今でもあるし、子供の頃の遊んでばかりの楽しい夏休みの思い出とともに、本当に心躍る季節なのです。
e0008012_14364017.jpg

それなのに・・・。
私の今年の夏はどこへ行ったのですか?
[PR]
by nonshi | 2005-08-14 15:49 | Other



CaliforniaのBay Area のんしの日記
by nonshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31