Top
やっぱり食べなくてはなりません。
本当にちゃんと食べなくてはならないし、空腹でいるといろいろが健全ではなくなります。
e0008012_17111979.jpg




何日か食欲がなくて、こんなことは滅多にないことだから体が軽くなるのでよかった、とむしろよろこんでいたら、そのうち本格的に食べたくなくなってしまい、あなたの食欲がなくなるなんて!と驚かれましたが、わたしだってびっくりした。ある朝目覚めたらふらふらするのです。
体調が悪くて食欲がなかったのか空腹で体調が悪かったのか、今ではわかりようもないし、どっちでもよいことですが、とにかくあわてて普段飲まない牛乳を一気に飲み、そして友人に(やや大げさに)そう訴えたら、おいしいちらし寿司を食べさせてくれました。


さらに肌も困ったことになっていて、もともと乾燥肌はデフォルトなのですが、この冬から春にかけては乾燥しすぎてかゆくてかゆくて、はじめて経験するほどのどうにもならないかゆみに困っていたら、また別の友人がやさしいタオルを送ってくれたのでした。ちょうどいいでしょ、と。さりげないかんじがよけいにきます。
e0008012_1712932.jpg


そして、近ごろまったく寒くて気分もどんよりよ、と思っていたら、この方から空色の紙に包まれたNY(また行ったらしいですよ?)のおみやげチョコレートが届く。
e0008012_171225100.jpg


ほんの短い間に起こったこれらのできごとに、うれしくなって何かこみあげてきて、そこではじめて自分は今まで落ち込んでいたのか、そうかそうだったのか、と気づく。
しみた。今ここで食べたり笑ったりクマと言われるほど寝すぎたりしているわたしがあるのは、本当にみんなのおかげです。ありがたい。ありがとう。

***

そして今日のお昼には飲茶を。
e0008012_15363890.jpg

このあと、外は久しぶりに穏やかなかんじだったので、裏手にある湖まで散歩にでかけ、そこであまりにすこんと広がる風景やとても楽しそうな人びとの間に身をおいてみたら、もう完全にわたしのいろいろもろもろや体調不良は、まるでなかったことみたいではないですか。

e0008012_15373988.jpg

ここにはすごい数の鴨だとかカモメだとかの鳥がいて、そこで楽しくたわむれるもうすぐ2歳。一方カメラのこちら側でその人をおそれぬ鳥の多さと近さにおびえ無駄に叫ぶもうすぐ... 。

e0008012_1539456.jpg

なんて平和な午後。

おなかも胸もいっぱい。もう元気です。
[PR]
by nonshi | 2008-05-08 17:59 | Other
<< 晴れの日に(数日遅れ)。 週末、春の宴。 >>



CaliforniaのBay Area のんしの日記
by nonshi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30