Top
Maru Mania。
これ、なんというのでしょう。
e0008012_13585535.jpg

ずいぶん前から持っていたのですが、先日初めて使って、楽しくてちょっと好きになりました。

そんな時、あるスーパーのチラシに何種類ものメロンが丸く、ころころ載っているのを見つけてメロンというよりは、丸いそれに目が釘付けになりました。かわいい。
そんなにたくさんの種類があったことも知りませんでしたが、そこに載っているメロンは7種類あり、買いに来てねとついたタイトルは、『Melon Mania』。
さっそくつられて、くるっとしたくてメロンを買いました(でも、違うお店で)。

e0008012_1431769.jpgCantaloupe。

ネットや色の見た目に一番親しみがあるので、今までずっとこのメロンを買っていました。夕張や三笠メロンと比べると(比べるのも失礼ですが)、それらをうーんと薄めた味です。
その分値段もうーんと安いです。
甘いことは甘いのですが、まろやかさは無く、しゃきっとしていて、私の中ではどちらかというと野菜のカテゴリーに入っています。






e0008012_1464116.jpgHoneydew。

これもよく見かけるメロンです。定番です。
選んだものが悪かったようで、まだ硬くて色も白っぽい。
見た目通り、プリンスメロンに近い味です。
でも、これは完全に野菜。
それでも、高級メロンなのでしょうか。g単価が、買った中では一番高かった(なんと4倍)。高いといっても、あくまで他のメロンと比べるとということです。一玉$3.45。





e0008012_15314452.jpgCanary Melon。

いろんな色があったらいいなと、あまり期待せずに選んだのですが、これが一番美味しかった。
なんといっても砂糖を加えたかのように甘い。びっくりしました。感動すらしました。
この黄色くて瓜みたいな姿からはとても想像できないほど、本当に甘いのです。
そして、くるっとしている間に出てきた果汁をコップに移すほど、ジューシーです。
もちろん、それは飲みました。コップ1杯分。

このメロンだけは、野菜のカテゴリーからはずそうと思います。


週末に比べて体調はよくなったものの、まだ少しのどが痛いので、午後は家でくるっと丸くする作業に精をだしました。
私はせっかちな性格なもので、きれいに仕上がる道具を使うより、包丁でちゃちゃっと済ませてしまう方が好みなのですが、こればっかりは楽しみながらやりました。あ、でもHoneydewは硬くてあまり楽しくなかった。

勢いは止まらなくて、3玉をみんなくり抜いて半分を冷凍に、そしてもう半分はフルーツサラダ(フルーツポンチ?)になりました。
e0008012_155532.jpg

このレシピを参考にしたのですが、anisetteなどないので代わりにキルシュを入れて、アニスを直接放りこみました。いつもアメリカのレシピの場合、砂糖は半量を入れることにしているのですが、今回はCanary Melonの甘さがあるので、さらにその半分。
作った直後はちぐはぐな味でしたが、夕食後に食べるとキルシュのくせも消えて、まとまった味になっていました。それにしても甘かった。Canary Melon、すごい。

今回再確認しましたが、なぜこう丸くてころっとしたものに心惹かれてしまうのでしょう。
くり抜いている間も楽しめるので、このくるっとするのはまだまだ続きそうです。
[PR]
by nonshi | 2005-08-23 15:37 | *other
<< 黄色いもの。 寝不足の終わり。 >>



CaliforniaのBay Area のんしの日記
by nonshi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30