Top
いつのまにか。
すっかりストーンフルーツが旬に。大変です。
e0008012_13322636.jpg

市場の今までのオレンジ売り場は桃やアプリコットやプラムでしめられていました。




いつの間にこんなことになっていたんだ、とものすごい香りをはなつ中でおどろき。次の瞬間にはあせりのような気持ちになり。これを早く食べつくさなくては(ざっと20種類くらいはあったのです)、とこれはある意味強迫観念と言ってもよいかもしれません。落ち着きがありません、まったく。

だけどひとつずつ。まずはアプリコット。
e0008012_13491474.jpg

初アプリコットはコンフィチュールになりました(こちらを参考)。
・・・なんですが、お菓子に使うにはあまり甘くないほうがよいだとか、まるごとのコンポートもよいかもしれないだとか、いろいろ迷いもあり(やっぱり落ち着いてはいないようで)、迷いながら作ってしまったこれは、なんとも中途半端なものに。

実はアプリコットを手に取ったのは、Matthewさんこちら、「焼くそしてチーズに乗せる」が
ずっと頭から離れないでいたからだったのでした。しかしそのすばらしいアイディアもどうしても甘いものに流れていってしまい、ちょうどおいしいパンのおすそ分けをいただいたものだから、その流れもどんどんもっと違う方へ。私のことですから。

さて、そのおいしいパンとは、
e0008012_15103068.jpg

e0008012_1511318.jpg

Arizmendi」 Corn-Oat Molasses Bread

しっとりしていて、ここのパンはどれもそうなのですが噛むほどに深い味になるのです。さらにほんのりの甘み(ものすごく好み)。

そして結局。
リコッタチーズとアプリコットと甘めのパンでできたのは、こんな
e0008012_15112045.jpg

まるで目玉焼きトースト。

だけどよい組み合わせでした、迷いながらたどりついたわりには。おいしかった。
あせって手に取ったアプリコット、放っておいたら迷いっぱなしのままただそのままかぶりついて食べていたと思うのです。
どうもありがとう&ごちそうさま。
[PR]
by nonshi | 2007-06-15 15:27 | *sweets
<< ついに今年も。 焙じ茶のある生活。 >>



CaliforniaのBay Area のんしの日記
by nonshi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30