Top
きいろの記憶。
雨上がりのサンフランシスコにはじまり、
e0008012_81251.jpg

まるまる2日、おおいにしゃべりました。




正確にはしゃべりたおしました。

なんとなくいつかは会えるのではないかとそんなふうに思っていたmiholantaさん、急激に具体化し実現してくださいました。動いてこそ。

家を出るとき、バケツがひっくり返るどころか空が破れたのではと思うほどの雨が降りせっかく時間をかけた髪もあられもない姿になり(家から車までで)、これはとんだことだと思ったのですが、会った瞬間そんな外側の見た目のことなどどうでもよくなりました。まっすぐな目を見たとたんに。そんなはじめまして。

さっそくサンフランシスコをさらりと後にして橋を渡り、(いつものところで)ランチをして(これもいつものところで)お茶も飲んで、気づいたら夕暮れ。いったい何がおこったのでしょうか、私たちに。とはいえ、そんなことは考えるまでもなく。ひたすらにしゃべっていたのでした。

e0008012_995117.jpg


e0008012_12504727.jpg

e0008012_875448.jpg

e0008012_8342676.jpg

e0008012_12514284.jpg


本当に身近で日常なところばかりで見所もなにもなくて申し訳ない。だけど、いちいち大よろこびしてくれて私も大よろこびなので、よろこびすぎた結果、閉店間際の(いつもの)スーパーマーケットにまでお連れすることにしました。このあとお寿司をつまみながらの夜は、そうです、止まらないおしゃべりとともにあっという間にふけていくのです。


* * * * * * *

さて翌日、朝からぴかぴかの晴天。そして、もちろんおしゃべりの続き。

e0008012_8123573.jpg

つらつらとナパの景色をならべてみましたが、今こうして見ていてもどこで何を見てどう思ったかということよりも、その瞬間の話題は、ということばかり思いうかぶのです。すべてにトピックがついています、それぞれに10こくらい。

e0008012_8125283.jpg

e0008012_8131063.jpg

e0008012_1255367.jpg

e0008012_12552278.jpg

e0008012_8391361.jpg

e0008012_8392622.jpg

e0008012_8394434.jpg

e0008012_8395976.jpg


ふと何かの拍子に、ああ、これが終われば(飛行機に乗って)帰ってしまうと思い出しては
愕然とする、そんなかんじでした。今までもこうしていたし、これからもずっと続いていくみたいで。それに、打てば響くよりも早いはやさと衝撃で私がなんとなく色や形や質感などのイメージでとらえていたことがはじめて言葉になって返ってきて、それは感動すらするくらいのとてもうれしいことでした。あんなかんじ、こんなかんじというのを言葉にできるってすばらしい(そしていつもここに書くことを読解してくださるみなさま、どうもありがとうございます。今あらためてそんなふうにひしひしと思っているところです)。


この2日間、いろんなものを一緒に見て食べて、いろんなこと(どうでもよいことを含め)をしゃべったけれど、ずっと見たくてだけどいつも時季を逃していたこのマスタードの花の黄色だらけの景色が、その間の記憶にもれなくセットになりました。よかった。

それにしても本当にあっという間だった。だけど楽しかった。
会いにきてくれてありがとう。
See you!
[PR]
by nonshi | 2007-03-29 14:23 | Special days
<< さくら。 まるで新しい世界。 >>



CaliforniaのBay Area のんしの日記
by nonshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31