Top
Short Short Trip
壊れ物、もう第何発目かの車のタイヤが直ったら、これは車ごと違うのではと思うほど快適になったので、
e0008012_14555175.jpg

予定外のところまで車を走らせてしまったのでした。うれしくて、つい。




南に向かっても道路は混んでいるだけなので、わりとすいていると思われる北へ向かってみることにしました。そうです、走ることが目的だったので。
e0008012_14563939.jpg

もう少しもう少しと思いながらフリーウェイを30分と少し走らせると、そこにはナパバレーが現れます。ワインの産地です。なので、ぶどう畑がいっぱい。今は見えるものにあまり色がないけれど、どこまでも広がる丘陵も、見ている間にどんどん色を変える空も、この大きな風景はいつでもどんな天気でもやっぱり美しい。

さて、そんなふうに風景に見とれていたらシャーベットが食べたくなりました(昼に食べた中華のせいです、きっと)。そうしたら突然ドライブの目的がシャーベットに変わり、次の瞬間にはもう目的地はここと決め(こういう機転は我ながらよくきくのです)、さらに快適ドライブに。歌などもわりと大きな声で歌いながら。鼻歌どころではなくて。少し前にフリーウェイの出口も改良されていたので、なお快適。

いざ。
e0008012_14565563.jpg

何の迷いもなく、「Blood Orange」。おいしくて満足。

このシャーベットを持ち込んで食べたところは、「Dean & Deluca」の真向かいにある
V. Sattui Winery」。

e0008012_14571385.jpg

ピクニックエリアもあって、そこには冬の今でも夕方でもたくさんの人の笑いがあって、まわりをぐるりとぶどう畑に囲まれたとても気持ちのよいところなのです。

e0008012_1457327.jpg

呼吸をしている、ということを思い出させてくれるようでした。体のすべてにしみわたるようで。

e0008012_16543567.jpg

何がなんでも出かけなくちゃといった絶好調の時でなくとも、えいっと腰を上げて出かければ、例えばこんなほんの2、3時間のことでもまるでがらりと想像以上によい気分になるのだから、もっとここに来て季節それぞれの空気を吸って、ひとつでも多くのものを見ておこうと思いました。


・・・と思ったのは本当ですが、せっかくだからとまるでもうしばらく来られない旅のような気分であれこれまとめ買い(それはマダム買いでは?と後日友人に言われたけれど、今となってはやはりそんな気がしてきました。でもいいの)。
e0008012_1704654.jpg

オリジナルの紅茶以外はパッケージで選んだものだけれど、はじめて飲んだKusmi Teaも、缶だけが欲しくてはっきり言って中身にはほとんど期待していなかったサブレも、あまりにおいしくて。些細なことだけれど、その小さな選択がよい方ばかりへ転じた今日はなんてよい一日だったのだと喜んでいたら。その浮かれの頂点でまたあるものが。

PCに保存してある(あるいは、保存しっぱなしの)写真用フォルダがたくさん壊れor消えていました(ええと、楽しみにしていてくれた方もいらしたようですが(思わず吹き出したじゃないの)、ご期待に添えられてまったく何よりです!)。
PC自体もあやうい気配。なのでただ今、せっせと残っているもののバックアップ作業中です。半泣きで。だけどお供はおいしいサブレ。
[PR]
by nonshi | 2007-02-08 19:29 | Short trips
<< でてきたものは、 思い余って。 >>



CaliforniaのBay Area のんしの日記
by nonshi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30