Top
ボストン - 雨上がる
雨降りボストン、明日はいよいよ帰る日。
e0008012_132043.jpg

前日テレビの天気予報で、明日は晴れる晴れる!とおかしくなるくらいの大騒ぎ、まるでお祭り騒ぎのようであったのだけど、お昼過ぎから本当に雨が上がりました。
なので取るものも取りあえず、外へ飛び出す。




雨が上がったからには、ロブスターの次に楽しみにしていた「Freedom Trail 」。
歩道に引かれた赤い線(ペイント&レンガ)をたどって、ボストンの歴史的建造物を歩いて見て回りましょう!というものです。

本当に歴史は続いているというのか、古くから栄えた中心部がダウンタウンとなり、その史跡の間に高いビルが建ち今も立派なビジネス街。
その場所でしっかりとスーツを着込んだ人とそれを飲み込む高層ビルの合間を縫って、地図を片手に赤線沿いに歩いて、ひとつずつ史跡を探して巡っていくのは、宝探しのようでもあり、ちょっとした冒険気分でもありました。

そのFreedom Trail のスタート地点は、Boston Common。そこを目指す途中には。
e0008012_13201912.jpg

石やレンガの建物と新緑に、この鉄の柵。とてもよく合っていました。
確かにいたるところにあってそのたびに惚れ惚れと見とれていたけれど、今回撮った写真を見直してみると、なんとその数の多いことか。

その柵とセットのように、こんな生垣もいたるところに。
これはなんというのでしょう。雨上がりにむせるほどの香り(夫は強すぎて嫌だと逃げた、そのくらいの香り)。
e0008012_13203647.jpg

なんとか教会(名前失念)。
e0008012_13205360.jpg

Beacon street
Newbury street から北へ3ブロック以上も、こんな建物が並んでいるのです。
e0008012_13212921.jpg

Boston Common の手前に Public Garden 。また柵。
公園の入り口の左右にずっとこの柵が広がっているのですが、これは規模も歴史もまったく
違うけれど、どこか北海道庁旧赤レンガ庁舎を思い出させます。望郷。
e0008012_13215817.jpg

そして、中に一歩足を踏み入れると。
e0008012_17131136.jpg

はっと息をのむほどの美しさ。その感動をもてあましてしまうくらいの。なので結局大騒ぎ。
どこを見ても、緑緑緑。

お馬に乗ったGeorge Washington(ボストンにはこんな銅像がとても多いです)。
e0008012_13225327.jpg

たくさんのチューリップ、なんとか残っていたのはこの色だけ。雨ニモ負ケズ。
e0008012_1323946.jpg

外の騒音が嘘のように静かで(ボストンはクラクションが響く街でもありました)。

さて、いよいよ道路を渡って、隣のBoston Common へ。
e0008012_13234247.jpg

もうこれしか言うことがないのかと思うのだけど、ここもとにかく緑緑緑。美しい。

かえる池と勝手に呼んでいた Frog Pond には、ああ、本当に。しかも釣り中。
かえるさん、釣果はいかが?
e0008012_1323568.jpg

そろそろ Freedom Trail へ向けてそわそわしてきたので、ここはささっと通り過ぎて、再び Beacon st. に戻って。
e0008012_13241460.jpg

e0008012_13242814.jpg

いざ。
e0008012_13244084.jpg

厳密なスタートは、The State House なのですが、諸々の事情によりここから。
後ろに見える白い尖塔は、Park Street Church 。1809年に建てられたそうです。
e0008012_1513855.jpg

ボストンにはガス灯が残っていると現地で知ったのだけど、これはどうでしょう。そうであると
嬉しいのに。灯りが点いているのに遭遇できたので、曇天もそう悪いものではないです。

次は、Old Granary Burying Ground 。アメリカの祖である独立宣言にかかわった方々も
眠っているのだそう。
e0008012_1325892.jpg

同じ地図を持っている他の観光客も、ここでは長いこと静かにたたずんでいました。

ここは、Old City Hall 。Freedom Trail 沿いに建っているのですが、今調べてみると、どうやらここは含まれてないようでした。たしかステーキハウスが入っていたようで、おかしいなと思っていたのは、こういうことだったのでした。それでも古く重厚な建物をこんな風に使ってしまうだなんて、ボストンってなんだか太っ腹。
e0008012_13252289.jpg

Freedom Trail は、全長2.5マイル(4km)ほど、ダウンタウンから North End へ、そして Charlestown Bridge を渡り、終点は U.S.S. Constitution と、16箇所(たぶん)を巡るもので、適度な自主性を持たせつつ、しかし確実にたどれるという、観光にはもってこいの大変
素晴らしいものなのだけれど、ここらでコーヒーを買って一息ついたとたん、どっと疲れが出てきた私たちはここで断念。
この先まだまだ長いことだし、中途半端に急いで回るよりは気候のよい時ゆっくりと、次回のボストンの目的にもなるし、そうだそうだそうしましょうと言い訳を見つけてホテルへ戻ったのでした。
e0008012_13254678.jpg

なので、このトレイルは次回までお預け。それがたとえ10年後だったとしても、この古い街のこの史跡、何も変わらずそこにあるでしょう。また来るよ。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

そんなわけでホテルに戻り、時間もそろそろ晩ご飯時だし最後の夜は何を食べましょうなどと思いをめぐらせていると(結局シーフード絡みなのだけど)、ふと部屋が明るいような。
e0008012_16331978.jpg

窓の外に目をやると、日差し!ああ、太陽が。初めて見るボストンの日差しです。
雨で霞んでいた景色、遠くまでもどこもまでも見渡せます。まるで神々しくさえ。

雨や曇りの街も美しかったけれど、こんな美しさを隠していたとは。
明日はもう帰るけれど、絶対早起きして晴れの散歩をしようとかたく決めたのでした。
明日こそ、明日こそ晴れますように。
[PR]
by nonshi | 2006-05-27 17:31 | Boston
<< ボストン - 晴れる! ボストン - 食べる >>



CaliforniaのBay Area のんしの日記
by nonshi
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31