Top
東から、
戻ってまいりました。
e0008012_15112216.jpg

約1週間の旅。東の古都、ボストンは雨でした。




出発の日、飛行機は到着先の悪天候のため遅れるとのこと。
西から東への横断が6時間くらい。その間に回復が見込まれないほどのひどい天気なのかと思いつつ、しばし待つ。そして、「Good News ! さあ、搭乗ですよ!」などと、場違いなほどに元気なアナウンスに、張り切って乗り込むも、「やっぱりダメです。降りたい方はどうぞ・・・」
飛ばないものは仕方がないので一度飛行機から降り、これが後々大活躍なのだけど、そんなに悪天候ならばと折りたたみ傘を購入。

3時間遅れで到着したボストン。人の流れにならって、そのままシャトルバス・地下鉄(これが真夜中12時近くにもかかわらず、かなりの混雑)を乗り継ぎ、やっと外へ。地上へ。
雨はものすごい勢いで降っていたけれど、ぴしっとした冷たい空気に生き返る思い。
そして、「Copley」の駅を出て見上げたそこには、カリフォルニアではあまり見ることのない、重厚な石造りの教会が凛とそびえ立っていました。
ああ、ボストン。
やっと足を踏み入れた初めてのアメリカの東側。ここには、これからどんなものが待っているのかと、心が踊ります。ようやく旅の実感もわいてきます。

* * * * * * * * * * * * * * * *

そして翌朝・・・、やっぱり雨。
そのうち雨も止むでしょうというのは甘かった。この時、ニューイングランド地方は稀に見る大雨だったそうで、洪水に休校、ニュースでひっきりなしに流れていました。
限られた時間、それならば楽しみは食事!

この日だけ、Theater District というエリアにあるホテルだったのですが、そのホテルのすぐ前に「Legal Sea Foods」を発見。ここ、ここ。やっぱりシーフードといかなくちゃ。
e0008012_15134813.jpg

ワイングラスにもお魚。
e0008012_1514223.jpg

シーフードのトマトのシチュー。たしか、ポルトガル風で漁師風でなんとかで。
e0008012_15141634.jpg

味付けは少し濃いのだけど、Fish & Chips のようなフライの魚がど~んと入っていて、ムール貝なんかは大きいし、ぷりっぷり。こんな寒い日にはちょうどよい。

これはワイルドマッシュルームとホタテのパスタ。
e0008012_15142956.jpg

おいしいおいしいおいしい。東のホタテは大きい。こっちにすればよかったと、少し悔やむ。

ところで、この「Theater District 」の界隈。オペラやバレエ、シアターでのパフォーマンスなどなど、調べてみるとかなりの数の公演がありました。
結局行けずじまいだったけれど、ボストンには本当にいろんな顔があるようです。

この日はホテルの移動があったり、夫も仕事だったり、雨だったり、そして寝不足だったり(時差も甘く見ていたのです)、まずはシーフードを堪能したけれど、見たい場所、食べたいものが盛りだくさんなのに、思うように行動できなくて焦り気味。
e0008012_15145989.jpg

明日こそはと思いながら、夜中2時過ぎまで続く外の喧騒を聞きながら、こうして雨のボストンの夜は更けていくのでした(まだ時差ぼけあり)。明日こそ。
[PR]
by nonshi | 2006-05-19 18:19 | Boston
<< ボストン - 雨降る 東へ。 >>



CaliforniaのBay Area のんしの日記
by nonshi
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30