Top
今度こそ。
e0008012_1125531.jpg
前回の、勢い余った空振りバニラ。
今度こそ、バニラ。
そして、今度もフラン。



















The American Boulangerie」から、「Baked Cherry Flan」を焼きました。
本来はドライチェリー(またはフレッシュ)使用ですが、都合によりアプリコットのシロップ漬けを使いまし、、、

e0008012_1127492.jpg
使おうと思ったら、それはピーチでした。

些細な(?)違い、間違いなので、
そのまま続行。








e0008012_11271580.jpg
タルト生地は、扱いづらくて泣かされた
こちらのものを、また。
おいしかったので、泣かないように練習。
今回は半泣き。
まだまだ道のりは長いです。

そこへプリンとカスタードクリームの中間
くらいのフィリングを、まず敷いて。
ピーチを散らして。
残りのフィリングをたららっと流します。




たららっ・・・?少し嫌な予感。
でもここまで来てしまっては、どうすることもできません。疑念をふりはらってオーブンへ。
あとは待つだけ。その間に、お茶タイム。
e0008012_11272744.jpg

軽くホイップしたCrème Fraîcheとカカオニブ。元々がおいしいシロップ漬けなので、こうやってシンプルに食べるのが本当は好きです。
瓶から取り出してそのまま食べるのは、もっと好きです。


e0008012_11274052.jpg
そうしているうちに、たっぷり使ったバニラの甘い甘い匂い。

焼けた!

ささ、さっそく。







e0008012_14331416.jpg


ほ、崩壊!
決壊!
ピントも合わない!

あわわ。







なんと、「できれば一晩冷蔵庫で冷やしましょう」とちゃんと書いてありました。
はい、ならば言い付け通りに。
e0008012_12325821.jpg

翌朝、無事にカット成功。でも、焼く前に生地がゆるいかなと思ったのは当たりでした。
もう少し、ぷるるんとしたものがよいのに。それに、もっと卵味でもよいのに。
次は、もうひとつ卵を増やしてみましょう。両方解決しそうだし。

ピーチはよい意味で当たりです。この薄味のフランにドライチェリーだと、フランが負けてしまいそうです。それが意図するところなのかもしれませんが、私はピーチに一票。自画自賛。

タルト台に使ったグラハムクラストの方は、やっぱり今回も香ばしく素敵なおいしさでした。
このフランにもぴったりだったし、これは他にもいろいろ使い回しができそうです。楽しい。
後は、もうやだ、もう止めたと言わないで、笑って、できれば鼻歌まじりで作れるようになれば言うことなしです。本当にまだまだ道のりは長い。でも、また作ろうっと。
[PR]
by nonshi | 2006-03-27 14:53 | *sweets
<< そっか。 たそがれ。 >>



CaliforniaのBay Area のんしの日記
by nonshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31