Top
気持ちだけでも。
パンのようなものを焼きました。
e0008012_15493939.jpg

念願のパン焼き・・・と言いたいところですが、違います。パンはパンでも、イーストなしのソーダブレッド。長尾智子さんの「ヨーグルトブレッド」です。

私はまったくもってイーストとの相性が悪い(そういうことにしている)ようで、何度か焼いて失敗して悲しくなって時間の無駄だと開き直って、とうとう放り出したパン焼き。それがなんとも簡単に出来ました。
材料は薄力粉に全粒粉を混ぜて、ヨーグルトと少しの牛乳。あとはベーキングパウダー。それだけ。粉を取り出してから5分でオーブンへ。もう終わり?などと余裕さえ。

ただ、困ったことがひとつ。べとっとしていて成型しづらいのです。形を作ろうとすればするほど指に生地がどんどん移動していくので、思い余ってそのまま、適当な形のままオーブンへ入れました。それで、こんなことよく思いついたなと自分ながらに思うのですが、10分ほど焼いて、表面が少し乾いてきた頃、やりました。一度オーブンから出して、へらで無理やり丸くしました。切り込みなんかも入れちゃったり。
e0008012_15495141.jpg
いくらイーストなしとはいえ、こんなことパン焼きにはご法度でしょう。無知のこわいもの知らずです。

さて、お味。
イーストの入る普通のパンのように、もっちりした感じはないですが、卵やバターなどの油分が入っていないものとは思えないくらい、
しっとり。「かむほどにおいしい・・・」と本にある通り、必要以上にかんで味わいます。
粉とほぼ同じだけ入ったヨーグルトの酸味も好きでした。
でも何より焼きたて。ほかほかパン(のようなもの)、しあわせです。



そしてどうやって食べようかなと、焼きながら浮かれ気分で空想していたトッピングはこれ。
e0008012_16481563.jpg
以前にコンポートがおいしかったのに気をよくして、その後、手に入れた『Darbo』のジャム。レッドカランツです。ようやくの出番です。フロマージュ・ブランと一緒に。

冷蔵庫で待機させている間、期待もどんどん膨らむというものです(今回は忘れなかった)。
しかし、なんだか味はまるでいちごジャム。たくさんの種類の中から、悩みに悩んで選んだ
レッドカランツ、それがあろうことか、いちごジャム。そんなものなのでしょうか。

気を取り直して、もうひとつ。
e0008012_1649172.jpg
フロマージュ・ブラン+バナナ+はちみつ。バナナ、まだあるんです。当然です。

はちみつがしみ込んだところが抜群においしい。ヘルシーでローカロリーなパンだなと思っていたのですが、こういう帳尻合わせがあるのです。はちみつ、じゃんじゃんかけました。

それにしても、焼きたてパンのある生活。なんて気持ちのいいことか。本物にも手を出したくなる、そんなソーダブレッドでした。





              バナナ、相変わらずせっせと消費しています。
e0008012_1762425.jpg
          バナナ+ヨーグルト+豆乳+クミンシード。ラッシーの気分で。
   
                  こちらは、バナナ+豆乳+ココア。
e0008012_1775242.jpg

 
  写りがどちらも曲がっているのは、私の気持ちが曲がっているからだと思われます。
[PR]
by nonshi | 2006-01-20 17:35 | *meals
<< 遠きにありて思ふもの。 はたらく鳥さん。 >>



CaliforniaのBay Area のんしの日記
by nonshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31