Top
いそいそ、寝坊の用意。
週末用に、チョコレートのパウンドケーキを焼きました。
e0008012_17103375.jpg

明日、土曜の朝はゆっくり寝てやろうと思っているからです。
おなかがすいたら、勝手に切って食べてください。どうぞ私を起こさないでください。

さて、これはごく普通のパウンドケーキに、チョコレートとやっぱりあのココアを入れました。
そして、あずきも。
実は鏡開きというものをすっかり忘れていて、あちらこちらのブログで見かける、お汁粉。食い入るように見つめておりました。そもそも、鏡餅なんてなかったのですけど、もうとっくに時期を逃してしまったのですけど、食べたいものは食べたい。甘いあずき、食べたい。
そんなわけで朝からことこと、あずきを煮ました。

そこで思い出したのが、あずきとチョコレートの組み合わせ。私の尊敬する料理家のひとりである長尾智子さんがお店のプロデュースに参加されたという、こちらのカフェで知りました。
あずきとチョコレート、びっくりしました。でも、「あんもチョコレートも豆同士」、そうあんの権威(?)に言われれば、なるほどと自動的にうなずいてしまいます。単純です。

残念なことに、写真でしか分かりようがありません。本来はこしあんを使っているようですが、煮たあずきをそのまま入れたパウンドケーキにしました。
e0008012_17104665.jpg

大事な、貴重な栗の甘露煮も。あと3つ残ってましたよ。残さず、残さず。
週末用と言いながら、もう食べています。お味は、ずばりチョコレート味。こしあんじゃないしなと思っていたら、最後にしっとりあずきの味がしました。豆の食感も好き。
これはなかなかよいです。このカフェ、いつか必ず行こう。本物を食べよう。

小さめ(14センチ)の型を使ったので、もうひとつ。足りなくなって起こされたらたまりません。
e0008012_1711475.jpg

これはあずきを入れる前の生地とバナナ入りの生地でマーブルに。へんなマーブル。
というかマーブルですらない・・・。
見た目はともかく、バナナとチョコレートの組み合わせはどんなにしてもおいしいです。

さあこれで、明日の朝はゆっくり寝ていられます。
e0008012_18534339.jpg

そして私はというと、遅くにのそのそ起き出して、またこのお汁粉を食べるのです。

みなさまもどうぞよい週末をお過ごしください。
[PR]
by nonshi | 2006-01-14 18:48 | *sweets
<< せっせと。 はじめの1歩。 >>



CaliforniaのBay Area のんしの日記
by nonshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31