Top
夏のものだって。
次に消費しなければならないものは、(大袋入り)冷凍ベリーでした。
e0008012_7462253.jpg

そうです、まだありました。そうそう簡単にはなくなりませんよ。かなり手強い量なのです。

困った困ったと思っていたら、みなさまからマフィンはいかが?などとコメントをいただいたり、そして、おいしい写真館<楽しいお菓子>のゆうこさんには、サマープディングというものを教えていただきました。

これはサマープディングというだけあって、イギリスで夏に作られるものなんだそうです。食パンを使う焼かないタイプのデザート、確かにイギリスっぽいし、夏っぽいです。
だけど、いつのものかも分からないベリー、この際季節感なんてどうでもよろしい。私にとっては、まさに作り時。それに、こんな感じのものが食べたい食べ時だったのか、食べる食べる。
食パンだし、そうそうパンだしと朝に昼に食べておりました。朝はコーヒーと一緒に、おやつには紅茶を淹れて。イギリスのものだという先入観のせいなのか(いつも雰囲気だけでその気になるのです)、紅茶の方が合ってたような気がします。冷たく、冷たくしたものを、熱い紅茶と厚着でいただくのも、大変おつなものです。

生クリームとフルーツをサンドイッチにしたものはありますが、これはまた違ってとても濃厚なお味。なんといってもソースのしみ込んだパンの美味しいこと、美味しいこと。普段からいろんな種類のお菓子を焼かれているゆうこさん。改めてレパートリーの多さにびっくりするやら、嬉しいやら。せっかく使い切って食べ切ったベリーなのに、また買い込んでしまいそうです。


さて、さて。もちろんマフィンも焼きました。
e0008012_7463161.jpg

ベリー、バナナ&カラメル&くるみ、そして見えないですけどグラノーラのマフィン。これは、かなりやっつけ仕事だったのですが、もしかしたら今までで一番よい出来かもしれません。一生懸命、丁寧に作っても失敗することもあるし、まったくお菓子作りは分からない世界ですね。

e0008012_8122871.jpg

またカラメルソースかけてます。熱々のマフィンにかけると美味しくて大変なことになります。


これで年内の to do list をまたひとつやっつけました。みなさまのおかげで、です。
本当にいつもどうもありがとうございます。とても、とても感謝しています。
また買い込んで、ため込んで、挙句の果てに使い道に困った時は、どうぞまたお知恵をお貸しくださいませ(あれ、教訓は?反省は・・・?)。





= Summer Pudding =

<材料>

レッドカランツ   225g
ブラックカランツ  110g
ラズベリー     450g
 *ベリー類はこの3種でなくてもいいと思います。
砂糖        150g
サンドイッチ用のパン 7~8枚
ホイップクリームまたはバニラアイスクリーム 適宜


1.ベリー類を洗い、大きな鍋に砂糖と一緒に入れ、3~5分くらい中火にかける。
  (冷凍の場合は洗わなくてもいいと思います)

2.直径15cmくらいのガラスか磁器の鉢を用意し、内側にバターをひいておく。

3.まずパンを一枚丸く切り抜き、鉢の底に敷く。
  扇形に切り抜いたパンを、鉢の内側にすきまなく丁寧に並べる
  (ちょっとずつ重なるようにするといいです)。

4.パンを敷き詰めた鉢の中にフルーツと煮汁を注ぎいれ、残りのパンでふたをする。
  煮汁は150ccほど残しておくこと。

5.鉢の上に皿を乗せ、重しで押さえて一晩冷蔵庫で冷やす。

6.平らな皿にあけ、とっておいた煮汁をかけて、ホイップクリームやバニラアイス
  クリームと一緒にどうぞ。
[PR]
by nonshi | 2005-12-22 10:07 | *sweets
<< Merry Christmas! あと5日、そして・・・。 >>



CaliforniaのBay Area のんしの日記
by nonshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31