Top
料理解禁。
今日から料理解禁にしました。自分で。それがいいのか悪いのかはともかく、お菓子を作って食べられるのは嬉しいことです。
e0008012_1341999.jpg

夕食の準備をしなくていいのは、大変結構なことだったのですが、こうも外食やテイクアウトが続くとさすがにつらいものがありました。白いご飯も恋しくなってきたし、洗い物もゴム手袋をはけば(みなさん、北海道では手袋ははくものです)、何の問題もないことも判明してしまったし。
さんざん大騒ぎして、怪我を言い訳に少々甘えすぎていたこともあり、ちゃんとご飯を作ろうと改心して、それなのに、それでも最初に作ったのはお菓子。
先日の洋梨続きで、洋梨の缶詰半分、生半分のタルトです。

今日のタルト型は始めて使うもので、それが思ったより大きくて、タルト生地も薄く延ばさないとならなかったし、洋梨も缶詰だけじゃ足りない!と慌てて生の梨をむき、タルト台と一緒にオーブンに入れました。半分ずつになったのは意図したものではなくて、こういう理由です。
そして、あらかじめ作っておいたカスタードクリームも足りない予感がしたので、泣く泣く生クリームを泡立てて混ぜました。生クリームもカスタードクリームも大好きですが、なぜか混ぜるのはきらい。でも、重なってるのはOK。混ぜるとなんだか損した気分になるんです。

ところが、焼きあがってみると縮みました。かつてないほどに縮みました。
e0008012_13455024.jpg

このくらい。
生クリーム、混ぜるんじゃなかった・・・。
足りないどころか、生クリームを混ぜたカスタードクリーム、半分で済みました。
タルト台はまだオーブンの中にあり、さらにそれを冷ます時間があったのに、急いで生クリームを加えたものだから、泡立ても足りなくてさらにクリームはとろとろ。

e0008012_133801.jpg

梨の重みもありますが、切ったとたんにクリームが流れて崩れるほどとろとろです。

梨もせっかくだから、半分ずつ乗せました。生の梨の方は、焼きあがってみると底の方が焦げてカラメル状になっていて、そこで初めて、砂糖を振りかけて焼いたらカラメル風味でもっと美味しいだろうにと気付き、またひとつ後悔。
でも、この焼いた梨は美味しかったです。しわしわになって見た目はまるで『たくあん』ですが、缶詰で足りていればありえなかったのだし、缶詰→たくあん→缶詰と食べると味の変化もあって、これはちょっと得した気分。

久しぶりに作ったタルト、紆余曲折はありましたが、1勝1敗ということでまずは満足です。


私のいつもの不注意での怪我ながら、お気づかいのお言葉をありがとうございました。
[PR]
by nonshi | 2005-10-28 14:38 | *sweets
<< 香るもの。 13分クッキング。 >>



CaliforniaのBay Area のんしの日記
by nonshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31