Top
焼けた、巻けた。
何度作って、そして何度違うものができたことでしょう。
e0008012_1250869.jpg

ようやく焦げても、割れても、ゴムのようなものでもないものができました。しかも巻けた。

うまく行かなかった原因は数えきれないほどあるのですが、やっぱり一番の原因はというと、焼きすぎ。アメリカでは生卵を食べるのはいけないと言われているので、火がちゃんと通っているか気にするあまり、見た目も悪ければ、食感もかたいものができていたのです。

そこで、今回はオーブンの前にはりつきました。タイマー片手に。
そしてプレーンな生地にしました。初心に戻ろうということで。

オーブンには窓もなく、おまけに中の電気もないので、いちいち扉を大きく開けて細かく焼き色を見ます。これは本当は、扉を開けるたびに中の温度が下がってしまうので、お菓子作りにはご法度なのでしょう。でも、今まで失敗を続けて、怖いものなんてなくなってしまいましたもの。
そして、ちょっと焼き色がついたところでアルミホイルをかぶせます。これもご法度なのかもしれません。でも、・・・以下略。

熱いオーブンの前でどきどきしながら過ごす10数分。緊張しました。なぜそんなに緊張するかというと、また「今日はロールケーキを作ります!」宣言を出していたからです。
そんなこんなで、焼き上がりました。
焦げていないスポンジを見るのは、それはもう嬉しかったです。そして柔らかい。嬉しい。

乾燥を防ぐのにキルシュをたっぷり塗り、マーマレードを重ねました。あとは巻くだけ。
もうここまで来て気持ちも大きくなっていたので、かなりラフに巻きましたが、どうやらそれがよかったようです。今まで、いろんなことを気にして、ちょっとずつ巻いているうちに、とうとう破壊してしまっていたのですね。クリームが足りない気もしますが、それはもう些細なことです。


とにかくちゃんと巻けて良かった。記念にというか記録のために焼き時間を。

しっかり350度に余熱されたオーブンでまず9分。
アルミホイルをかぶせて3分。
火を消して、余熱で2分。


これからずっとこの調子でできますように。



*追記
 なんだかアメリカのあちこちで、同じ時にロールケーキが焼かれているようです。
 Wingさんの『いちごのロール』と、mimiさんの『エスプレッソロール』にTBしました。
[PR]
by nonshi | 2005-10-05 14:06 | *sweets
<< 眠れぬ夜に、ジャスミンとワイン... 母譲りのもの。 >>



CaliforniaのBay Area のんしの日記
by nonshi
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31